1月11日(土)の二キッズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年最初のニキッズに来てくれたのは、恐竜やポケモン大好きなSくん。年少さんです。

 IMG_3163.JPG

児童画の発達段階のなかでちょうど、『子どもの象徴主義の段階』(トムリンソン)や『再現への最初の試み』(ローウェンフェルド)が始まる年齢です。大人にとっては何を描いたのかわからない絵でも、またたとえ後付けでも「〇〇を描いた」と言う頃です。

 

Sくんも大好きなキャラクターを自分なりに再現して描いていました。描いている姿には迷いがなく、楽しげに、そしてキャラクターの目の部分であろうところは、神経を集中して小さな点を入れていました。

1枚目は真ん中に堂々と。

IMG_3172.JPG


最後に描いた絵は、既存のキャラクターの他に自分なりに考えたものをたくさん描いて、お母さんに一生懸命説明していました。

そしてお母さんも一緒におもしろがって聞いてあげていました。そうすると、子どもの空想する力や創造する力、自己肯定感も育っていきますね。

IMG_3175.JPG

 

Sくんの発明したキャラクター、絵も名前も、私も楽しませてもらいました(*^^*)

 

 


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://epo-farm.com/mt/mt-tb.cgi/1169

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ