2019年10月アーカイブ

今日は雨だなぁ...と覚悟して支度を始めましたが、雨は上がってくれ、
足場が悪い中来てくださった方々も、EPOで遊ぶ事もでき、ホッと一安心。


今回は我が息子Rが描いた絵について考えたいと思います。
いつも土曜日は一緒に来るので、絵を描くタイミングは
たくさんあるのですが、通っている保育園でも描けるのもあるのか、
ニキッズではあんまり描いてくれません。


IMG_4337.JPG


気が向いた時に描くのですが...、
本日描いた絵が気になる...。

IMG_4349.JPG 


7月に、息子Rが5月と7月に描いた絵を、
高森先生(60年以上児童絵画を研究されていらっしゃる先生)に
見てもらう機会がありました。「う〜ん、この子はお母さんに話を聞いてもらうのに、
スムーズに聞いてもらえてないんじゃないかなぁ?」と、言われました。

先生とは、20年以上のお付き合いをさせて頂いているので、
先生も遠慮なく言ってくださったと思います。

5月①
uyr5e.JPG


oiry2t.JPG


ivgfctre.JPG


IMG_4390.JPG


IMG_4391.JPG


7月
IMG_4392.JPG


線が短いのは気になってました。
確かに、私は忙しいを理由に、「ちょっと待ってて」が多かった事に気付き、
先生の言葉が胸に刺さりました。


日々、息子に対する接し方も自分なりに意識しました。
息子の声に手を止めて、話を聞いたり、遊びに付き合ったり。
出来る範囲で気を付けました。(出来ない時ももちろんあったと思いますが(^^;)



8月に描いた絵は...

8月
IMG_4393.JPG

線が太くなり、少し安心しました。



そして9月に、描いた絵は...

IMG_4386.JPG


お、ドッシリしたぞ、いいじゃんいいじゃん!!
と思えたのでした。



そして今回の絵は...

IMG_4394.JPG

IMG_4395.JPG


1枚目と2枚目、ほとんど同じ絵なのです。
形も色違いも。
どっしりして、力強い!
ととも思えるのですが、なんだか、青と黒が混ざっている所が気持ち悪いような...。


どんな心境でしょう?
みなさん、どう感じますか?


今年の1月から来てくれているRくん。

いま、24ヶ月です。

 

初めてニキッズに来た日は、絵の具に興味津々と行った様子でいろんな色を使って楽しんでいました。

IMG_9377.JPG


ところがそれから少しして、ニキッズに来ても筆をポイポイしてみたり、かんしゃくを起こしたように泣いてみたりで、落ち着いて絵を描かなくなりました。

ちょうどまだ上手におしゃべりできない時期。でも自分の気持ちを伝えたい!伝わらない!イヤイヤ期も始まった‼︎

Rくんもお母さんも、お互いに困っているようでした。

 

 

そして今回、久しぶりに来たRくん。一皮むけたような、お母さんにもおしゃべりして、ちょっぴりお兄さんになっていました。

絵を描いている様子も落ち着いていて、線も太くてしっかり。

IMG_2361.JPG


気持ちいいくらい、まったく枠にもとらわれていません( *´艸`)

IMG_2357.JPG

IMG_2391.JPG

お母さんとお話ししてみたら、以前のように泣くこともほとんどなくなったとのことでした。



この後も、ちょっとためらいながら手に塗って、、、

IMG_2372.JPG

IMG_2378.JPG

最後はぺったん♫自分の手形を見てニコニコでした。

IMG_2379.JPG



 

自由画では、無意識でも小さい子もちゃんと自分の心が表現されています。

子どもの成長も絵に表れたりします。

継続して描いていると、ある時、絵も変化していることに気づいたりします。


子育てしていると、大変なことは次々にやってきますよね(>_<)

ときには「いつもと違うな。どうしたかな?」と思う絵もあるかもしれません。

でも、絵を通してお子さんの成長を少しでも感じてもらえたら、そしてそれがお母さんの子育てへの自信にもつながったらうれしいです(*^▽^*)

 


すっかり秋らしくなってきましたね。
今回は、新しい方も2組体験に来てくれたりで、賑やかなニキッズとなりました。


久しぶりに来てくれたIちゃん(年中)とTちゃん(1才)姉妹。

IMG_4053.JPG


お姉ちゃんのIちゃんは、妹ちゃんが生まれる前から来ています。
大人しくて、困らせる事もほとんどない女の子...。
絵を描いても、画用紙にチョンチョンと描いておしまい。
とっても遠慮がちにしていました。
何回か来るうちに、少しずつ絵は大きくなりましたが、それでも、とっても遠慮がち。

母は、そんかIちゃんの事を心配していました。
「もっと、自分を出していいのに...」と。

妹が生まれ、しばらくニキッズはお休みしていましたが、妹Tちゃんも歩けるようになり、再び遊びに来てくれるようになりました。
そして、久しぶりに絵を描いてみて、ビックリ!!
まぁ、とても元気に激しく?描くではありませんか?!

IMG_4055.JPG


今回も、画面いっぱいに描いていました。
手にも塗って、真っ黒?(緑?)になるのを面白そうに見てニコニコ(*^^*)

IMG_4060.JPG


その横で、妹Tちゃんも負けじとパワフル!!


IMG_4059.JPG


次から次へと絵の具を持ってきては夢中!!
バケツの中に絵を入れて、水遊びも豪快!

IMG_4062.JPG


遠慮してたら、妹に全てとられてしまう?!
アピールしなきゃ!
Iちゃん、そう思うようになったのかしら...?

妹ができ、お姉ちゃんになったIちゃんは、まるで別人のように、
私たちにも「見て見て〜」とアピールしてくれました。


IMG_4077.JPG


iuyt5se.JPG

母とのお話する中で、妹のパワフルさと、お姉ちゃんの扱いに最近悩んでいるとの事。
どうしても手がかかるのは妹の方で、Iちゃんはそれが気に入らない...。
でも、お姉ちゃんの事をしてあげようとすると、無視をされてしまうそうで...。

お姉ちゃんは、本当はママに甘えたい、抱きしめてもらえたい気持ちでも、
忙しそうなママを見ると我慢して言えなかったりするんですよね。

素直になれず、本当の気持ちと反対な態度をとってしまったり...。
例え親子でも、まだ4、5才でも、女対女って、口でバトルになりがちなんですよね。
(私もよくあります^^;)

でも、こちらが意識してお姉ちゃんも抱きしめ、「大好きよ」と伝えられたら、
きっとIちゃんの心は満たされるのではないでしょうか...(*´꒳`*)




カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ