2012年3月アーカイブ

釣りブーム

| コメント(0) | トラックバック(0)




お絵描きが一段落したあと、

2012032301560000.jpg子どもたちの間で今ブームなのが、

ビオトープのお池での「釣り」!

2012032301550000.jpgどこからともなくいい具合の木の枝を見つけてきては、

なにやら釣っているのです♪
2012032308100000.jpgそれは、はじめから池に浮いていた葉っぱや花びらだったり、

自分で見つけた草を浮かべたものだったり。

どこに立ったらちゃんと枝がそこに届くのか、

どうやったらうまく釣り上げられるのか...
繰り返し遊ぶなかで何度も試しながら、

とっても上手になってきました♪v(*'-^*)^☆


絵の高森先生も、
「面白いことを発見しようと試すこと、

研究すること、

繰り返しのなかで確認して自分のものにしようとすることは、

何事においても大切です。」


「そのことを大人は邪魔してはだめですよ」


と、おっしゃっていました(^o^)


友だちが池に落ちないように支えたり、

釣りやすい場所を声を掛け合ったり、
うまく釣れると、「お魚つれたよ~~!」と

満面の笑顔で見せに来てくれる子どもたち♪

見立てて遊べる、友だちのことも気にできるなど、

それぞれの年齢に合った成長が見られて

、とても微笑ましく思います(*^-^*)


雨降りの日でも欠かさない釣りごっこ。
まだまだ続きそうですね♪


次回は3月27日(火)
今年度最後のニキッズです。ぜひ遊びに来てください。

 

 

 

このごろは、雨が降ったり寒くなったり暖かくなったりの繰り返し。
春が近づいているのを感じます(*´∇`*)


さてさて、
絵を見る会を終えたニキッズで...

「今朝、子どもとケンカしてきてしまった...。

きっと今日はすごい絵だなぁ」と、あるお母さん。
「うちもゆうべおもちゃを片付けなくてねぇ」と、もう一人のお母さん。
2012030601380000.jpg2人の子どもたちはこの日、

とても激しく、ぱっと見た感じもきれいではない絵を描きました。
言葉ではうまく言えない思いを画用紙にぶつけているのがよくわかります。


お母さんたちは、うしろからそれを優しく見つめます。
絵を見る会で先生からいただいたアドバイスを思い出しながら、

客観的に子どもとの関わりかたを見つめ直しているようでした。


お母さんたちに見守られて、お友だちとも遊んで、

子どもたちの絵はしだいに線のゆったりした、

伸び伸びしたものになっていきました♪
2012030601400000.jpgニキッズで、お母さんも子どもたちもリフレッシュできたようです(o^-')b



また、いつも弟くんと来てくれるAちゃん

。この日弟くんはずっと眠っていました。
ここぞとばかりにたっぷりお母さんに甘えます(*^-^*)

一筆描くたびにお母さんの方を見てにっこにこ♪
(その様子がほんとにかわいい(o^∀^o))

お母さんも、それに応えてたくさん抱っこしてあげていました♪



ニキッズでお母さんたちの話をうかがっていると、
駄々をこねたり、なかなか寝付かなかったり、食事が進まなかったり...と、

それぞれに悩みはつきません。
それでも毎日子どもたちと向き合っているお母さんたちに、本当に頭が下がります。
2012030601390000.jpg少しでも親子のお役に立てたら...
そんな思いでニキッズに向かいますp(^-^)q
2012030601470001.jpgところで、
エポの池にはカエルの卵がたくさん!
クルルッ、クルルッとカエルも鳴いています♪
お絵かきのついでに、覗きに来てみてください☆
2012030601470000.jpg次回のニキッズは13日(火)です。