こんにちは。ニキッズの岡本です。

 

この日のニキッズは初めて「土のうえ空のした」で行いました。

初めての場所でも、子どもたち、とてものびのび描いていました

IMG_6778.JPG

IMG_6799.JPG

 

ニキッズは筆を持てて口に入れなければ、赤ちゃんから参加OKです。

そして上は何年生まででもOK

なので今回は、11ヶ月の赤ちゃんから、中学1年生までが勢ぞろい!いろいろな年齢の、その年齢らしい絵をたくさん見ることができました。

 

11ヶ月のEちゃん。いままでもお兄ちゃと来てくれていましたが、今回初めて自分もデビューするとことにみんなが描いている台は高すぎたので、座って描くことにしました。

IMG_6785.JPG

Eちゃん、描くというよりも筆を持って「これなんだ?」、ママが持ってくれている絵の具の入ったカップも「これなんだ?筆をいれてみよう」といった具合です。

IMG_6790.JPG

そしてたまたま筆が画用紙に落ちて色がつき「お」。またカップに筆を入れて遊びます。そのうちにだんだんわかってきたようで、最後は画面いっぱいに色が広がっていました。

IMG_6806.JPG

この一連の様子、まさに『実験』『研究』!頭フル回転、驚きと感動、いろんなことを感じて発見していたんでしょうね

 

子どもの絵は、このような段階から『なぐり描き期』などを経て『写実的になる時期』へと変化していきます。

 

今回来てくれた中学1年のKさんの絵は『写実的』。

IMG_6792.JPG

どのように描いていくか頭の中でシュミレーションもしてきたらしく、大人も感心してしまうほどでした。そして、周りの小さなお友だちたちも、お姉さんの絵をじっと見ていました。

IMG_6801.JPG

 

こうして異年齢が集まると、子どもたち同士もいろんな刺激がもらえますが、親にとっても、こうやって成長していくのかぁと子育ての先の見通しが少し付きますね。

 

(もちろん、写実的な絵を描く時期になっても、そのときの気持ちによっては描きなぐったり、塗りつぶしたり、手でぐちゃぐちゃやったりもします)

 

 

ニキッズでは会員の方に、このような子どもの発達段階における絵の変化についてや、自由画について、子どもの絵の見方についてなどの基礎的なことをお伝えする会に一度は参加していただいています。

来年度も開催予定ですので、まだ参加してなかった方、参加してみたい方はぜひご参加ください

こんにちは。二キッズの小野田です。


夏ぶりに来てくれた、Sくん。年長さんの男の子です。
2歳くらいから描いて来たSくん。

uhr8q7t8.JPG


エネルギーいっぱいで、毎日公園に出掛けてます!...
なんて聞いていた日が懐かしい!

EPOの興味のある物に向かって行くSくんに、
ついて歩くのが大変そうなお母さん...そんな姿を思い出します。


すっかりお兄さんになっていて、この日は、絵を描き始めたら、
終わりの時間まで、ずーっと描いていました。


去年までの絵は、塊の絵が多かったと思います。

今回、「なんだか雰囲気が今までと違うねぇ...」とお母さんと
こっそり耳打ちしてしまう程、今ままでにない雰囲気。


IMG_9173.JPG

ひたすら線。


04u9q8yy.JPG

色を変えて組み合わせる線。

絵の具で、そして筆で描くので、力の入れ方、筆を動かくすスピードが、線に表れます。

ゆっくりと、力が入った線。


縦横の線は、実は、しつけに厳しかったり、
「あーしなさい、こーしなさい」と言われ過ぎてしまったり、

本人が「あーしなきゃ、こーしなきゃ」いう思いが強い時に出ると言われてます。


いつも穏やかなお母さん。
長い付き合いだからこそ、「実は...」と、切り出してみました。


すると、幼稚園で発表会があって、ここの所練習を頑張っていたとの事が分かりました。

年長さんともなれば、発表会では主役の舞台となります。
 
本人、大太鼓をやりたいがために、ピアノを習いたいと言い出し、
ピアノを始めたり、色々頑張って来たそうです。


無意識に、頑張っていた事が溜まっていたのでしょうか?
この日は10枚も沢山の線の絵を描きました。

IMG_9191.JPG


はじめの頃は、力が入っていましたが...


proioq9y.JPG

次第に力が抜けて、
同じ線でも、少しずつ軽やかになっていったように感じます。


心の中に固まっていた気持ちが、描く事で、解き放たれてくれたら、
嬉しいなぁ...と思います。


そんな話から、以前、私たちの師匠、高森先生に絵を見てもらった時に、
「この子は描いて気持ちを出す子だから、いつでも描けるように紙とペンを
用意してあげておくといいよ」と言われていた事を教えてくれました。



言葉が遅かったSくんは、家でもよく描いていたそうです。
幼稚園に行く前には、気がすむまで描いてから出かけていたそうです。


お話が上手になったら、絵を描く事も減っていったそうです。

なので、今回こんなに線を描くSくんを見て、高森先生に言われた事を
思い出したそうです。


描く事で、心を開放!

Sくんだけでなく、皆んなに言える事です。

私たち大人も、愚痴を聞いてもらうと心が軽くなるように、
描く事でも同じ作用がある事を改めて実感しました。


こんにちは。ニキッズの岡本です。

 

この日、久しぶりに来てくれたのはSちゃんと弟のTくん。

IMG_6231.JPG

Sちゃん、さっそくダイナミックに赴くままに筆を動かして紫の線を画面いっぱいに描きはじめました。

「いい感じだね」と大人たちで話していたのも束の間、、、その上に黒でグルグル。

さらに白を重ね、黄色も重ね、茶色、緑もグルグルと重ねた1枚が完成しました。

途中は両手に筆を持って二刀流で描いたり。

IMG_6238.JPG

「何か溜まってるかな?」「でもこうやって出せるのはいいよね」とお母さんとお話しました。

そのあとは虹を描いたり手形を押してチョウに見立てたりした絵を描いていました。

IMG_E6259.JPG

IMG_6260.JPG

そのうちに弟Tくんが、バケツの水をカップですくって地面にジャーっとやり、水たまりを作り始めました。さらに水たまりの上で足踏み

こんにちは。ニキッズのリカです。

来るなり、EPOを駆け回り、元気に遊び始めたAくん。
「おはよう!」と声を掛けると、ニコニコしながら、また遊びに出掛けました。

ブランコに乗ったり、駆け回ったり...ひとしきり遊んでいるAくん。

「今日は描かないのかなぁ...」と、残念そうなお母さんでしたが、
そのうちササっと来て描き始めました。

prut08qya.jpg


見ると、力強い気持ちいい線!!


IMG_8255-2.jpg

色んな色を持って来て、絵の具を飛ばし始めました。

近くで描いていたお姉ちゃんの描き方を見て、真似をしたそうです。

IMG_8338-2.jpg

仕上がりを改めて見ると、勢いがあって、とっても素敵!!
飛ばした絵の具もいい味を出しています!


2枚目は、黒を全面塗りしていました。これもお姉ちゃんの真似!
それにも絵の具を飛ばして、まるで宇宙に浮かぶたくさんの星。


0-9e.jpg


ステキに仕上がりました。

「真似ってどうなんですかねぇ?」と質問をしてくれたお母さんでした。

真似をする事って、実はとっても大事な事。
面白そうだから、自分もやってみよう!と思える事は何に対しても大事な事です。

例え真似だとしても、ちゃんとその子の個性が出てきます。

楽しそな事を見つけてやってみる。

子どもはそんな遊びをしながら、色んな事を学んでいます。

2年ぶりくらいで来てくれたRちゃん。年中さんです。

 まずは青や紫で線を描いたあとは黄緑などを垂らして楽しみました。

IMG_5713.JPG

そのうちさらに色を重ねて描き、手のひらにも塗ったり。出来上がった1枚目の絵は、なんだか絵本『まほうのえのぐ』(林明子作 福音館書店)に出てくる絵のようになりました。

IMG_5731.JPG

そのあともよく描いていたRちゃん。

描くというより『汚れる』を楽しんでいたかもしれません。

腕に塗ったり服にも描いたり、、、髪の毛もピンクに!まさに『身体を汚して心を洗う』でした!

IMG_5728.JPG

IMG_5730.JPG

 

この日Rちゃんが描いた絵を見返してみると、何か描いたあとさらに上から描いて消しているものが多かったです。

IMG_5734.JPG

IMG_5733.JPG

IMG_5737.JPG

Rちゃん、森のようちえん こだま にも来ていました。その頃から、活発でみんなの憧れだったそうです。

活発でみんなからも頼られるお姉さんなだけに、普段、園で求められたり譲ったり、我慢したりすることも多いのかもしれませんね。

 

手のひらにとどまらず、腕、服、髪の毛と汚れていくのを、困った顔もせずに見守ってくれたお母さん。

Rちゃんの大切な安全基地になってあげられているんだなぁと思いました(*^▽^*)



9月19日の二キッズ

| コメント(0) | トラックバック(0)
すっかり秋の気配を感じる今日この頃。
秋と言えば、まさに芸術の秋!ですね(^^)

たくさんのお友達が描きに来てくれました!

体験参加の方から、久しぶりに来てくれた方、最近良く来てくれる方も...♫

Yくんは、去年まで森のようちえんこだまで、EPOに通ってくれていました。
今年度からは幼稚園に通っています。
いつも母にぴったりくっついて、まるで恋人同士のように見えた二人。

IMG_7841-210.JPG


幼稚園に通うようになって、随分表情も凛々しくなったように見えます。

そんなYくんが描いてくれたのは、仮面ライダーだそうです!
こんな風にはっきり何かを描くのは初めて見ました。


P-WOUTUWH.JPG


途中は手に塗り始めて、さらに楽しくなって来たようでした(*^▽^*)

3yq7yy.JPG


色んな色を手や腕に塗り、手形をとり...
とっても満足そうにおしまい!


IMG_7864-10.JPG

とっても楽しそうにノリノリで、見ているこちらも楽しくなる程でした!
そんなYくんを温かく見守るお母さんの眼差しも素敵でした。

仮面ライダーだからこそ、戦う力を感じる絵が多いように思いました。
色んな不満や葛藤と戦いつつ、自信をつけているのではないでしょうか?

oiuy75r.JPG



oiqthaph.JPG


o0q4uqh.JPG


IMG_7871-8.JPG


IMG_7872-8.JPG


IMG_7873-9.JPG


IMG_7874-9.JPG


ourqhgr4.JPG


おかげさまでこの頃、コロナでなかなか他にお出かけできないこともあってか、ニキッズに定期的に来てくださる方が増えているようです。

IMG_5500.JPG

そして今回、なんと5年以上ぶり(6年以上?)の姉妹さんも来てくれました。以前に来ていてくれた頃はまだ1歳くらいと4歳くらいだったでしょうか。今やすっかり小学生のお姉さんになっていましたが、こうやってニキッズを思い出してまた遊びに来てくれたことをとても嬉しく思います。

そしてブランクを感じさせない自由な絵☆

IMG_5504.JPG

IMG_5508.JPG

やっぱり小さい時に経験したこと、培ったことは大きくなっても身体が覚えているのでしょうね(*^▽^*)

 

さてさて、この日も来てくれた常連さんのDくん。

描いた絵を並べてみると、なんだか激しい&縦の線が多い。

さらにはそこに横線も加わったり。

IMG_5518.JPG

IMG_5522.JPG

IMG_5516.JPG

IMG_5523.JPG

ニキッズではお友だちにとても優しいDくん。うちの娘も遊んでもらったり、ツリーデッキの登り方を教えてもらったり。

幼稚園でも泣いている子に声を掛けてあげているそうです。

おうちではその分甘えてしまうのでしょうか。

お母さんも叱ってしまうことが多く、Dくんもさらにそれに口ごたえするそうです(^-^;

でもそれは、おうちと外社会の区別がちゃんと出来ているから。お外では自分のしたいことも譲ったりしているのかもしれませんね。

 

そんなお外での葛藤とおうちでのことが今回の絵になったのかな?

でもどれもDくんの負けない芯の強さがありますね♪

赤ちゃんから来てくれているYちゃん3歳。
年中さんのお兄ちゃんがいます。

赤ちゃんの頃から、ちゃんと自分があって、いつでも主張しているYちゃん。
赤ちゃんの頃から、絵を描くと力強く、それはそれは感心する程でした。


そんなYちゃんですが、ママが4月から仕事へ復帰したのもあってか、
なんとなく、絵が小さくなったような、不安な心境が現れているように感じ、
Yちゃんの中で抱えている想いがあるのかな?...と思っていました。


この日のYちゃんは、久しぶりに、私たちが感じていたYちゃんらしい、力強い絵!

po34uqy8.JPGのサムネール画像

おお!何かふっきれたかな?と思ったのでした。


ママに聞いてみた所、いつでもマイペースに自分を持っているYちゃんで、
家や園での様子からも、心配はなかったそうです。


絵の具で描くと、力の入れ方、動かすスピードで線の雰囲気はガラリと変わります。
その子の心の状態が絵の具だと出やすいのです。
絵から、その子の違った一面に気が付く事がよくあります。

o93u049yq.JPG

大人は、お子さんの描いた絵を受け取りながら、絵からどんな感じを受けるのか...
是非、じっくり見て、感じてみてくださいね。

①枚目

p@i498u.JPG

小さい身体でも力強い!
点も力が入っています。

②枚目

-3.JPG

ストロークが長くて、腕をよく動かしてうるのが分かりますね

③枚目

-4.JPG

白でもしっかり描いていますね


④枚目

90u.JPG

縦の線が気持ちいいですね!
打っている点も楽しそう♫

いつもの年なら8月のニキッズは、みなさんご家族で旅行に行ったりご実家に帰られたりとお出掛けされているらしく割と静かです。

ところが今年は8月もとても賑やか。コロナ禍の中で子どもたちが自然の中で伸び伸びできるニキッズならと足を運んでくださっているようで嬉しいです。

 

 

この日は、2月以来の久しぶりのお友だちSくんも来てくれました。幼稚園の年長さんです。

もともとちょっぴりシャイではありますが、久しぶりのニキッズで少し緊張気味だったのか、初めは表情も固めでした。

1枚目の絵も塊のような絵。

IMG_5161.JPG


2枚目は少しギスギスした感じ。

IMG_5149.JPG


だんだん絵の具がたっぷりしたものに。少し気持ちもほぐれてきたかな?

4枚目は縦に伸びる線が印象的です。

IMG_5159.JPG

5枚目はさらに線がほぐれていって画面に広がり、

IMG_5160.JPG

最後の一枚は2本の木の絵になりました。

 IMG_5163.JPG

周りで他の子たちがキャーキャー遊んでいましたが、Sくんはとても集中して描いていました。そして、1日の中でも絵がどんどん変化していきました。

このように、子どもたちは描きながら無意識に少しずつ自分の気持ちも変化したりもっと解放したり、整理したりしていきます。それが絵の変化となって表れたりします。

 

どの絵もSくんなりの強い意思を感じます。 彼のどんな気持ちが隠れているのでしょうか?

 

最後の木の絵、、、私は木が控えめにではあるけどグーでやり合っているようにも見えました。Sくんも、何かと闘っていることがあるのかなぁ?

今年の梅雨は長かったですね〜。
ようやく夏が来ました!

今度は暑くてまいってしまいますが...
EPOの木陰は、いつでも涼しい!
とっても気持ちいいんです♪


スッキリ晴れた夏空の下、体験の方々も含め、
たくさんのお友達がお絵描きに来てくれました。


久しぶりのHくん、Yちゃん兄妹。
来たよっと言わんばかりの、ニコッと笑ってくれるかわいい二人(^^)


986rd.JPG


描いては遊びに行き、また戻って来ては描いて...
で、とってもマイペースに楽しそうに過ごしていました。


IMG_7090.JPG

後から見て、Hくんの絵がいつもと違っていた事に気付きました。


笑顔は変わらなくても、年中さんになって、色んな面で成長しているんだと思いました。

①枚目

opuyqh.JPG

色んな色を使い、色を上からも重ねて厚み、重みがあるように感じます。


②枚目

opuq9yu.JPG

色は何色も使ってるけど、重ねないようにしていて、
①とは違って軽く描いているような、気持ちが入っていないような...
随分印象が違うように感じます。


③枚目

p@iqya.JPGのサムネール画像


しっかり塗っていて、①のように、気持ちが込められています。


④枚目

yhu32.JPG

囲った中に、点が描かれていますね。
③枚目の囲った線よりも、少し弱々しいかな?

どんな気持ちかな?


その時間だけでも、心の変化は色々と起こっている事が分かります。
Hくんのお母さんは、4月から仕事復帰されて、毎日忙しく過ごしているそうです。
それでも、8月になり、新しい生活も、慣れて来たのではないでしょうか?
画面いっぱいに描いてる様子からも、日々の生活で、自分のやりたい事が
やれているのではないかな?と、私は感じました。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ