いつもの年なら8月のニキッズは、みなさんご家族で旅行に行ったりご実家に帰られたりとお出掛けされているらしく割と静かです。

ところが今年は8月もとても賑やか。コロナ禍の中で子どもたちが自然の中で伸び伸びできるニキッズならと足を運んでくださっているようで嬉しいです。

 

 

この日は、2月以来の久しぶりのお友だちSくんも来てくれました。幼稚園の年長さんです。

もともとちょっぴりシャイではありますが、久しぶりのニキッズで少し緊張気味だったのか、初めは表情も固めでした。

1枚目の絵も塊のような絵。

IMG_5161.JPG


2枚目は少しギスギスした感じ。

IMG_5149.JPG


だんだん絵の具がたっぷりしたものに。少し気持ちもほぐれてきたかな?

4枚目は縦に伸びる線が印象的です。

IMG_5159.JPG

5枚目はさらに線がほぐれていって画面に広がり、

IMG_5160.JPG

最後の一枚は2本の木の絵になりました。

 IMG_5163.JPG

周りで他の子たちがキャーキャー遊んでいましたが、Sくんはとても集中して描いていました。そして、1日の中でも絵がどんどん変化していきました。

このように、子どもたちは描きながら無意識に少しずつ自分の気持ちも変化したりもっと解放したり、整理したりしていきます。それが絵の変化となって表れたりします。

 

どの絵もSくんなりの強い意思を感じます。 彼のどんな気持ちが隠れているのでしょうか?

 

最後の木の絵、、、私は木が控えめにではあるけどグーでやり合っているようにも見えました。Sくんも、何かと闘っていることがあるのかなぁ?

今年の梅雨は長かったですね〜。
ようやく夏が来ました!

今度は暑くてまいってしまいますが...
EPOの木陰は、いつでも涼しい!
とっても気持ちいいんです♪


スッキリ晴れた夏空の下、体験の方々も含め、
たくさんのお友達がお絵描きに来てくれました。


久しぶりのHくん、Yちゃん兄妹。
来たよっと言わんばかりの、ニコッと笑ってくれるかわいい二人(^^)


986rd.JPG


描いては遊びに行き、また戻って来ては描いて...
で、とってもマイペースに楽しそうに過ごしていました。


IMG_7090.JPG

後から見て、Hくんの絵がいつもと違っていた事に気付きました。


笑顔は変わらなくても、年中さんになって、色んな面で成長しているんだと思いました。

①枚目

opuyqh.JPG

色んな色を使い、色を上からも重ねて厚み、重みがあるように感じます。


②枚目

opuq9yu.JPG

色は何色も使ってるけど、重ねないようにしていて、
①とは違って軽く描いているような、気持ちが入っていないような...
随分印象が違うように感じます。


③枚目

p@iqya.JPGのサムネール画像


しっかり塗っていて、①のように、気持ちが込められています。


④枚目

yhu32.JPG

囲った中に、点が描かれていますね。
③枚目の囲った線よりも、少し弱々しいかな?

どんな気持ちかな?


その時間だけでも、心の変化は色々と起こっている事が分かります。
Hくんのお母さんは、4月から仕事復帰されて、毎日忙しく過ごしているそうです。
それでも、8月になり、新しい生活も、慣れて来たのではないでしょうか?
画面いっぱいに描いてる様子からも、日々の生活で、自分のやりたい事が
やれているのではないかな?と、私は感じました。

梅雨とはいえ、例年よりも雨の日が多いですね。しかも大雨も続き、、、。

災害に遭われた皆様、お見舞い申し上げます。

 

ニキッズも7月4日の日は大雨警報が発令されて中止でした。

今回は霧と小雨だったので屋根の下でスタート。雨の中でしたがお友だちも2人来てくれました。

いつもとは違う雨と景色を眺めながら楽しくお絵描きをはじめましたが、、、

だんだん強い降りになり、最後はどしゃ降り

来てくださったみなさん、本当にありがとうございました

IMG_4769.JPG

 

 

お母さんの出産のため昨年秋以降しばらくお休みしていたAくんも、久しぶりに来てくれました。

久しぶりにたくさんの絵の具を見てさっそく画用紙の上で色を混ぜて実験

IMG_4765.JPG

いろんな色ができるたびにお母さんにも報告。お母さんもそれをニコニコ顔で受け止めてくれていたのが印象的でした。

妹が生まれた後も、Aくんはひどい焼きもちを焼いたり困らせたりすることはほとんどないと教えて頂きましたが、お母さんのこの雰囲気がいいんだろうなぁと思えました。

IMG_4767.JPG

 

何枚か描いたあとはお母さんとお散歩へ。でも水たまりで転んで泥だらけ~。

(私ならつい「こんな日に洗濯物増やしてー」と言ってしまいそうですが、お母さんは穏やか~)

Aくんは着替えたあとまた、どしゃ降りの中カッパを来て1人散歩を満喫(*^_^*)

IMG_4771.JPG

満足したらしくとてもいい顔をして戻って来て、風邪をひかないうちにとおうちに帰りました

 

緊急事態宣言は解除されましたが、それでもまだ今までのように大勢の人の中には行きにくい日々。

そして連日の大雨。雨が続くと思い切り外遊びもできないですね。

子どもたちの中にも、表には出さなくてもいろいろと溜まっているものがあると思います。

Aくんは、お絵描きと黙々と歩いていた雨の中のお散歩で、溜まっているものが少し洗い流されたかな?

 

たまには雨の中のお散歩に出かけるのも、いつもと違った景色や発見があったりしていいですね

〜絵は言葉では言えない内側を無意識に表現できる場〜


コロナウイルスの為、活動を自粛していた二キッズが、
今月から再開されています。

まだまだ油断は出来ない状態ではありますが、ひとまず再開でき、
それを楽しみに来てくださった方々に、感謝です。


とっても久しぶりに来て下さった方々も多く、
再会の喜びも大きかったです。


久しぶりに会うお子さんたちは、みんな大きくなっていて、
びっくりしてしまいます。

IMG_6752.JPG


でも、そんなお子さんたちは、どんなに久しぶりに来ても、
なんら変わらずの様子で描き始めます。


gq874t.JPG


園に入園した子、学校に入学した子...ママが赤ちゃんを出産した子...


IMG_6754.JPG


環境が変わった中で、毎日をこなしてきたお子さんたち。


IMG_6747.JPG


楽しんでくれてる事は分かったのですが、後で絵を見直すと、

とってもエネルギーを爆発させていた子が多かった事に気付きました。

IMG_6746.JPG


oiuqbg34.JPG


こんな風に心を解放し、エネルギーを注げ、また、やりきった感と、
スッキリ出来る物って、他に変わる物があるかな...?!

と、改めて、絵の具の自由画の魅力を実感しました!!


久しぶりにニキッズ再開です!

IMG_4540.JPG

 「ここに来れることを楽しみに待っていました」などのお言葉もたくさんいただき、ニキッズが親子の大切な場所、癒やしの場所になっていることを私たちも嬉しく思いました。

 

再開にあたり、今までよりもお絵描き台を増やして、描くときに密にならないよう準備しました。

あまり大勢になったら、整理券を配ってお待ちいただくようにも準備していましたが、

まずは久しぶりのEPOのお庭で遊ぶ子もいて、整理券も使うことなく描けました。

 

子どもたちの絵はどうかなと見てみると、、、

自粛生活からの強いストレスを感じる絵はほとんどなく、それよりも久しぶりの自由画を楽しんでくれているもの、成長を感じさせてくれるものが多かったです。

 

特にKくんは、昨年はまだまだ自分を出しきれないような控えめな絵が多かったのですが、

今年2月に来てくれたときに、少し開放されたような絵を描けたのです。

これからが楽しみだねと話していた矢先のコロナの流行。ニキッズもお休みに入ってしまいました。

そして今回のKくん。

IMG_4554.JPG

IMG_4559.JPG

周りの目を気にせず、ますます自分らしく、

さらに大胆に伸び伸びと描くこともできるようになっていました!

 

他にも、

数年ぶりに来てくれたK oくんが、園児の絵から、すっかり小学生の絵に変化していたこと、

自粛生活中に中学生になり、おうちでも計画的に勉強したりお料理やイラストを楽しんで「充実していた」と話してくれたK aちゃんは、ますます自分らし描けていたこと、

描くのが楽しくて10枚以上描いてくれたお友だちがいたこと、、、

嬉しい発見をたくさんできた再開初日でした。


こちらがKaちゃんの絵↓

IMG_4549.JPG

IMG_4557.JPG

IMG_4561.JPG

 

 おまけ、、、

ビオトープのおたまじゃくしも大人気。そっとすくったり、まだまだ小さなカエルを見つけて喜んだり♪

自然の中で遊べるのも、二キッズのお楽しみのひとつです\(^o^)/

IMG_4550.JPG

この日、「噴火を描く」と決めてきたYくん、小学2年生。
友だちとたくさん遊んだ後にようやく描いた1枚は、、、

IMG_3689.JPG

確かに噴火していますが、、、
私には、噴火しているこれは、山というよりおっぱいに見えるような⁈

お母さんにそう伝えてみると、
Yくん、おうちでいまだにお母さんのおっぱいを触ってくるので、
お母さんとしてはどうしたものかと思っているところだと話してくれました。
お母さんとしては、甘えてくるその気持ちは受け止めてあげたいけど、
そろそろ触られるのは嫌だなとも思っているそうで、
この日の朝も「触ろうとしてきたのでやめてと伝えてしまった」とのことでした。

断乳したあとの子どもがおっぱいのような絵を無意識に描くこともあります。
また直接そのようなこととは関係なくても、甘えたい感情を無意識に表現しているときにも
おっぱいのようなものを描くこともあります。

Yくん本人はただ、山から噴火している絵を描いたつもりでしょうが、
まだまだ甘えたい感情が無意識にあらわれ、求めているおっぱいに触れなかった怒りが、
このような絵になったのでしょうか(*^_^*)


2/22(土)に、ダイヤログinアート〜子どもの絵を見る会〜
が開催されました。

普段ニキッズに来て、子どもは絵を描いているけれど...
我が子の絵ってどうなんだろう?
そんな思いで参加して下さったと思います。

まず、子どもの年齢、発達の絵を見ながら、
どんなふうに描く絵が変わっていくのかをお話させて頂きました。


IMG_5818.JPG


自由画は、決して描き方を教えません。
素晴らしい絵を描く事が大事ではないと考えています。
描いている子どもの心に寄り添う事が一番だと考えています。


小さいお子さんは、ただ無意識に筆を動かして遊んでいます。
意味のない遊びに見えるかもしれませんが、筆は力の入れ方で、
描かれる線は大きく変わります。

だからこそ、小さいお子さんの絵でも、その子の心が分かりやすく、
その子のオリジナルになります。
自由に遊びながら、絵の具や筆を知っていきます。
成長と共に、絵も変わっていきます。


参加者さんの我が子が描いた絵の中から、好きな絵や、
気になる絵などを実際に選んで頂きました。


IMG_5821.JPG

選んだ理由などを語ってもらう時間ももちつつ、
選ばれた絵を更に皆さんで見ていきました。

IMG_5816.JPG


参加者さんからは、
『子どもの絵について考えたことがありませんでした。
絵について考えて見て、絵の大切さがよく分かりました。』

『幼児期から思春期まで、絵を通して心の成長を見ることができ、
自由画こそおくぶあさを感じました。
絵を通して子どもたちの心に触れらとても楽しい時間でした。』

などのありがたい感想を頂きました!!

今回、Facebookから参加して下さった方々もいらっしゃり、とても嬉しく、
そしてもっともっと、自由な表現活動こそが、創造力や心を育てると言うことを、
たくさんの方に知って頂きたい!!と思いました。


IMG_5817.JPG

Sちゃんがとっても久しぶりに来てくれました...♪

以前は画用紙の隅に描いていたのを、お母さんは気にしていました。

今回、こんなに画面に大きく描いてくれ、しかも紙を縦にして描いたので、
自信の表れを感じました。

IMG_5709.JPG

描いている時は、力強い絵に見えたのですが...


IMG_5712.JPG


IMG_5711.JPG


こうして改めて見てみると、どこか元気がないような...?

色んな不安や葛藤も出てるかな?

それでも、負けてはいない!

色々考えているような、Sちゃんの気持ちを感じます。

人はいつでも幸せな気持ちだけでない。

複雑な気持ちを抱えているからこそ、こうして出す事でスッキリし、

出した時には解決していると聞いて、どの子も描けて良かった〜!と思えます。

絵で心を表現する事が出来るって、やっぱり面白い!

前回のニキッズにも来てくれて、こちらでも紹介させていただいたHちゃん、今回も来てくれました。

 

そしてまた、点々の絵がありました。

抽象画のような一枚と、や点で表現した野菜などがお鍋に入っている絵。おうちの方に楽しそうに説明しながら描いていました。

 IMG_3404.JPGIMG_3406.JPG


さらに今回は、他の子も点々の絵がいくつかありました。

『点々』という描き方は同じでも、それぞれに違う印象を受けました。


自由画の中で子どもたちは、楽しいとき、嫌な気持ちを出したいとき、お話したい時など、いろいろな気持ちの時に点を打ちます。

打っている時の様子も、慎重に一つ一つ丁寧に打つこともあれば、トントンと大工さんのように音を立てたながら打つこともあります。もっと激しく叩きつけるように打つこともあります。点々の数も、控えめからちょうどいいくらいのもの、多すぎる印象を受けるものまでいろいろです。

 

どんな様子でどんな点々を描いたかで、その子の気持ちが無意識に表現されているんですね。

 


2歳のAちゃんの点々は大きくしっかりしていてダイナミックな感じです。

 IMG_3412.JPG

IMG_3414.JPG


3歳のDくんの点々は激しい感じ。

IMG_3419.JPG 


Sちゃんの点々。

IMG_3416.JPG

IMG_3422.JPG

 

Iちゃんはいろいろ描いた周りに点を打ちました。

IMG_3418.JPG

 

今回の子どもたちの『点々』。それぞれどんな気持ちでしょうか。

1月18日のニキッズ

| コメント(0) | トラックバック(0)
雨の中お越し頂いたNちゃんHちゃん姉妹。
ニキッズに来るのはとっても久しぶり!
お姉ちゃんのNちゃんは6年生に、妹のHちゃんは年中さんになっていました。

IMG_5263.JPG


Hちゃんは、通っている保育園でも絵の具で自由画を描いているそうですが、
それでも足りない?!ようで、ニキッズでも、たくさん描いてくれました!


IMG_5272-2-2.jpgのサムネール画像

描き終わると、ママに描いたお話を説明したり...とっても楽しそう✨


IMG_5273-2.jpg


1つ1つにお話があり、とっても面白く、創造的でステキな絵!


IMG_5274.JPG

そんな描いた中に、たくさんの点が描かれていました。


子どもの絵には、良く描かれる『点』。
描いたお子さんの気持ちによって、意味は全く変わってきます。


激しく打ち付けてあれば、怒りや嫌な気持ちをぶつけているでしょう。
リズミカルに、見ていて動き出しそうな感じがすれば、楽しい気持ちが出ています。

逆に、点がうるさく感じるようでしたら、周りの大人が口がうるさい場合があります。
また、話したい事がたくさあって、聞いて欲しいと言う気持ちが点に出ている場合もあるでしょう。

打った点で、全く別の気持ちが隠れているんですね。

さて、Nちゃんの絵...たくさん描かれた『点』ですが、どんなふうに感じますか?



カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ