セラピーホースと人のつながり 報告

| コメント(0) | トラックバック(0)



3月1日(土)3月2日(日)

群馬県ホースパラダイスで行われた
「セラピーホースと人のつながり」
宮田朋典先生のデモンストレーション・講演会に参加してきました。


一日目
あいにくの雨で、急遽会場が変更になり講座からのスタートでした。


1393909458289.jpg
その午前中、宮田先生がホースパラダイスの馬を見るとの事で、見学にいきました。

実際に今、起きている馬を観察し問題を探し
り、そしてその馬を心理的にリラックスした状態を作りながら抱えてる問題を
安心につなげていく。


1393909482838.jpg馬は逃げて幸せになる動物であり、
馬の習性を知り心理的にリラックスする状態にしていく。

馬のリラックスの状態から、緊張の状態など。宮田先生は分かりやすい解説で
実際にデモンストレーションで
見る事ができました。

そして一日目午後
会場を文化会館会議室に移し
講演会が始まりました。

講演では、馬のタイプ、馬の性質を見分ける。

馬は経験から行動する左脳優位型と、直感で動く左脳優位型に分けられ、
さらに内向的外向的かに分けられる。
目的に応じて、馬の集中力を管理しながら、安全を作っていく。
馬と関係を作る大切さを勉強しました。

2日目、

1393909503451.jpgとても寒い中のデモンストレーションでした。石井先生のいつも行われている
障害者乗馬が行われました。

1393909529127.jpg馬との距離間、馬の意識を人間に向ける馬への合図の送り方。
障害者の乗り手のサインと引きての発進のサインを出すタイミングを分かりやすく教えていただきました。

1393909555554.jpg
そして、馬が嫌がる物があっての対処方法を見せていただきました。
宮田先生の馬との実践は
馬がみるみる様子が変わっていく
馬の姿に本当に、びっくりでした。

馬のサインをよく観察し、
馬の気持ちを考えてアプローチする。
人が力で支配しようとすると関係は、
崩れてしまう。馬とよい信頼関係を
作る大切さを感じました。

「馬のことを知ることから
人の関わりが始まり、子ども達へと発達を促していく」つながり。
二日間、とても深い深い学びの時間に
なりました。


~れいなっぱ~




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://epo-farm.com/mt/mt-tb.cgi/688

コメントする