2013年1月アーカイブ

さくらのこと

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 最近、さくらは人に 甘えてくるような様子を見せたり

 ブイちゃんと走ってあそんだり

 時にはブイちゃんに怒って後ろ蹴りをいれてみたり

 

 そう、とにかく とても元気になってきたさくらなのです

 

 

 さくらの故郷は福島県葛尾村です。

IMG_2343.JPG

 原発事故のあと飼い主さんは避難のため 泣く泣く放馬されたそうです

 数か月後に うまとあゆむSOMA の方に保護されたものの

 蹄葉炎になっており一足歩くごとに痛み、歩くこともままならない状態でした

 

 一昨年の10月にEPOに来たときのさくらです

 

         10時間を超える移動でボロボロになったさくら 馬房に倒れこみました

IMG_2356.jpg

      痩せてしまい このまま死んでしまうのではないかと毎日馬房に行くのが心配でした。

 

 はじめは、人に触られるのも嫌!、ほかの馬たちも嫌い! と怒ってばかり

 きっと足が痛く、見知らぬ土地で怖かったことでしょう

 

 でもやんちゃで、なつこく、しつこいブイちゃんが

 まずさくらのともだちになりました

IMG_0037.jpg

 毎日放牧中はブイちゃんが寄り添ってくれ

 適度な運動を促してくれます

 首元をはぐはぐし合って とても仲良し

 

 EPOの装蹄師さんの三浦さんは、2週間に1回 さくらの蹄の治療を無償で行ってくださいました

 

 そして1年と4か月、みんなが見守る中

 さくらは少しずつ元気になり、足の痛みも癒えてきたようなのです

 

 さくらを引き取る時、何かをさせようと思ったわけではなく

 高齢で足の悪い馬が何かできるようになるとも思ってはいませんでした

 

 私たちにできる、小さな東北復興支援

 さくらが余生を最後まで幸せに送れることを見守る

 という思いだけでした

 

 しかも 生まれてこの方、ハミや鞍もつけた事がない23歳・・・

 個人宅で1頭で飼われていたさくらは乗馬の経験もありません

 

 

 とはいえ、ひとまず  こんな感じでどうかなと(笑)

 201301311.jpg

                          じゃ~~~~ん!

 

 

  腹帯が窮屈~~~!と言いたげで ぎこちない感じでしたが

  人が歩くとあるき、走ると一緒に走ります

  ウォ~でちゃんと止まります

 

  毎日の手入れと放牧の繰り返しの中でも

  言葉はかなり理解できているようです

 201301312.jpg

 

  さくらの大きさは、小さいこどもたちをのせてあげるのには

  ホントにちょうど良いサイズ・・・

  もしかして、引き馬くらいできるようになるかも・・・

  少しだけ期待しています

 

  人との暮らしの中で馬にとって働くことは

  どんな意味を持つのだろうと考えます

  馬をパートナーとして仕事をするとき

  子どもたちが喜び、楽しむ姿を

  馬は理解しともに喜んでくれていると感じる時があります

 

  「働くとは・・・」

  私たちが障害者の就労支援においても繰り返し繰り返し自問自答した言葉です

  

  誰かの役に立ち、喜んでもらえることは

  何よりの生きがいです

  

  体の回復とともに

  さくらがそれを喜びに感じてくれる日がきたとすれば

  とてもうれしい事だと思うのです

 

 

  ガンバッタね、さくら

 

  これからも楽しいことがいっぱいまってるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

  

    

 

 

練習!練習!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 12月のポニーDAYはあいにくの雨だった為

 ポニークラブの発表会は延期になってしまいました

 

 そして、いよいよ2月のポニーDAYにて仕切りなおしが決定!

 子どもたちも技に磨きをかけようと張り切っています

 

201301278.jpg 

EPOの新顔、ドリーとブロンディーも少しずつ

子どもたちの活動に参加しています

今日の練習はドリーに初挑戦

さすがに大きい!!!

高~~~い!!!

 

201301276.jpg乗った目線がぜんぜん違うので、みんな大興奮でした

やはり、大きいおうまさんに乗るって

それだけで子どもたちの自信になるようです

 

201301275.jpg

  

そして大きくゆったりとした歩様は

これまたポニーとは大違いです

おとなしく経験豊かなお馬さんの

セカンドステージの活躍が楽しみです