スタッフコラム

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年は 暑い 暑い 夏でしたね!!
猛暑の日々、子どもとどう過ごそうか...
子育て真っ最中の皆さんは  大忙しだったことと思います。

少し前の事になりますが、七夕飾りを作った日の出来事。

その日、1か月前に出産したばかりのYさんが、赤ちゃんを連れて 参加すると聞き、楽しみに待っていました。
出産前と 変わらぬ笑顔で あらわれた
Yさん。抱いていた赤ちゃんを、
「あや子さん、初めまして! これから どうぞよろしく!」何のためらいもなく、ヒョイっと 私の腕に 抱かせてくれました。
生後1か月の赤ちゃんを抱っこするなんて、何年振りでしょう。
まさか そんなにあっさり 生まれたての命を 預けてくれるなんて、思いもよらず、心の準備が出来ていなかった!!  ママではない誰かの腕の中でも、安心しきって目を閉じ、ここはどこかしら?と、空気を探るように 細い指を小さく動かしているのを見たら、感極まった!!
何て愛くるしいんだろう...。
涙腺スイッチ 押されてしまった!!

こだまママ達の、七夕願い事。
「家族が 幸せでありますように」  
「子どもたちが 元気でありますように」
...そうだよね。
究極の願いは、それだけだよね。  
生まれたての赤ちゃんを抱えて、改めて思う。 存在自体がこんなに愛おしい。  
...それなのに、子どもにあれこれ望む自分って 何なんだろ。

皆さんも、我が子との暮らしがあたりまえになってしまうと、
「うちの子 落ち着きがないかしら」とか
「うちの子  おとなし過ぎるのでは」
など、求める思いが ふくらんでしまってはいませんか?     そんな思いが ふくらんでいるかも... と感じたら。
それは、子ども本人が そうなりたいと願っている事なのか。  はたまた 親が (親の都合で) そうなって欲しい、そうなってくれたら 私が安心なのに...と 思っている事なのかを 整理して考えてみるといいのかな...と思います。

子どもの 困った行いについても、 子ども自身が困っているのか(それなら すぐに手を差し伸べてあげたい)   はたまた、子どもがその行動をするのが、親的に都合が悪くて困るのか...。  子ども自身のために 少しずつでも改めていきたい課題なのか。
整理して考えてみるといいと思います。

もし、求めているのは 親だけなら。
困っているのは 親だけなら。
ちょっと、肩の力を抜いてみましょう。
困っている自分を 少しだけ冷静に 見つめられたら、できる工夫が見つかるかもしれません。   人に話してみたら、自分とは違う目線で 一緒に考えてくれるかもしれません。

今日一日元気であれば 良い一日だったね。 何もなかったような一日だったとしても、それは きっと良い一日だったよ。

夏休みが終わり、こだまちゃん達の元気な笑顔が戻ってきます!!
秋のこだまも 体験が目白押しです!!

u598qh.JPG

【森のようちえん、こだまは 体験参加を 随時受付けております】
こだまは 未就学児とその親子が集まって、季節の自然体験活動をしています。

毎週、火曜日〜金曜日  9時45分〜12時45分で 活動しております。
参加者さんには ご希望の曜日を選んで頂きます。 だいたいの方は、週一回で参加されています。対象年齢は  1才半くらい〜就学前の子どもさんと保護者。

IMG_0727.JPG


興味を持って下さった方は、是非、体験参加にお越し下さい。
(要予約。連絡先  09081562926  渡辺。
ショートメールで お申込み下さい。)
お名前、連絡先(携帯番号)、体験参加ご希望日を ご連絡下さい。
折り返し、持ち物などをお伝えします。
体験参加  千円です。

oiu98yqnht.JPG


秋から こだまのなかまになりませんか?
小さい子どもさんの子育てをしている皆さん、ご連絡、お待ちしております!!

森のようちえん、こだま     渡辺あや子




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://epo-farm.com/mt/mt-tb.cgi/1088

コメントする