2015年6月アーカイブ

6月26日、
今日のこだまは「田貫湖自然塾」で行われました。

プログラムは「草花のステンドグラス作り」です。



さっそく材料になるお花や葉っぱを採りに林へ入りました。

!cid_9015CC64-BEB4-4F09-9289-802926407FB6.jpg

先ずは、へびいちごが生えている場所へ。

へびいちごを摘み瓶に入れ、ホワイトリカーを注ぎ込むと...

これが虫さされに効くクスリになるそうです。

いちごの赤色が茶色に変わったら使用できるとのこと。

例年に比べ今年はへびいちごの数がとても少なく、1人1人の分を作れなかったのが残念。

こだまちゃん皆んなで一瓶分を作りました。

途中で雨がぱらついてきましたが、

木々に囲まれているのでそれ程雨粒は降ってきません。

道中でモグラの屍を発見したこだまちゃんもいました。

普段は土の中にいるモグラを目にするのはとっても稀なこと‼︎ 虫かごに入れて皆んなの元に持ってきてくれました。

初めて見るモグラさんにこだまちゃん達も興味深々な様子。

恐る恐る虫かごを覘く子、枝でツンツンする子、素手で触る子、

それぞれ個性豊かに色々な反応を見せてくれました(^O^)



ステンドグラス作りは採ってきた草花をラミネートに挟み型紙に貼り付けます。

バランスよく草花を配置するのが案外難しい!




出来上がりのステンドグラスを空にかざすと葉っぱの葉脈が透けて見えて綺麗です。

首から下げて素敵なペンダントにしているこだまちゃんもいました。

6月19日 こだま

| コメント(0) | トラックバック(0)
6月19日、今日のこだまはまたまた雨のプログラム。

ちょっとがっかり...なんてお母さんの気持ちをよそに、こだまちゃんたちは今日も元気いっぱいでした。


2015061910280002.jpg
最初は野菜スープ作り。
家から持ってきたお野菜をこだまちゃんたちが切ります。

2015061910290000.jpg
お母さんと一緒に、本物の包丁に挑戦しているこだまちゃんも!...真剣です。

2015061910340000.jpg
一方で、マイペースで遊んでいるこだまちゃんも...(^^)

切った野菜は、スタッフさんがおいしいスープにしてくれました。


2015061911160000.jpg

今日は他に、ミニヒマワリの種も植えました。


2015061910550000.jpg

種を植えた鉢は、こだまちゃんたちが家に持って帰って育てます。

順調にいくと、2ヶ月くらいで花が咲くそうです。
今から楽しみですね。


6月12日、今日のこだまは雨プログラム。
ぷらどーむで食品添加物についてのお話と梅ジュース作りをしました。
お母さんたちが添加物のお話を聞いている間、こだまちゃんたちは自由に遊んでいました。1434087299712.jpg

おままごとをしたり、電車で遊んだり。
1434087333643.jpg

1434087351862.jpg

食品添加物は入ってないものを探すのが難しいくらいに入っているので、
出来るだけ添加物の少ない物を買うか自分で作るようにするか、少しでも気をつけたいなと思いました。

梅ジュース作りは、こだまちゃんとママと一緒にやりました。
1434087381361.jpg
まず、梅を洗ってつまようじでなり口を取り、梅の水気を丁寧に布巾で拭く。
仕込みビンをアルコールで消毒した後、梅、てんさい糖、梅、てんさい糖の順番でビンに入れて今日の作業は終了。

あとは、お家でてんさい糖が全部とけるまで待ったら、美味しい無添加梅ジュースの出来上がり!
1434087527963.jpg
楽しみですね(*^^*)

6月5日
今シーズン最後の西臼塚でした!!
今日のこだまちゃん達はもう慣れた様子。
先週作った『おさんぽステッキ』を手に登りました。
DSC_1214.JPG

途中、歩きながら気になる葉っぱやお花をステッキに。

みんなのステッキには色んな葉っぱが彩りました。
途中、動物のウンチを発見したこだまちゃんもいました。スタッフさんに見てもらったらキツネのウンチでした。
みんなに『見てみて~!!ウンチ~!!』の声に興味津々に集まって見るこだまちゃん。こだまちゃんは見つけ上手で好奇心旺盛。
DSC_1221.JPG

広場に着いてからは先週お休みだったこだまちゃんはステッキ作り、もうステッキを持ってるこだまちゃんは自分のステッキにお目を付けました!!
DSC_1223.JPG
おさんぽステッキが戦う武器になってたこだまちゃんもお目を付けたら武器からお友だちに変身!!
その後はお腹のすいたこだまちゃんからお昼ごはんに。
まだまだ元気なこだまちゃんは頂上まで登る子も!!

頂上まで登ったこだまちゃん疲れてウトウトしながらごはんに...
DSC_1227.JPG
今日はベテランこだまママがイタドリでジャムを作ってきてくれました!!
これにはこだまママたちもこだまちゃんたちも美味しくてパクパク!!
DSC_1233.JPG

その後はみんなでお歌をして下山。
DSC_1235.JPG

今シーズンの西臼塚は今日で終わり。
元気がありあまってるこだまちゃんは下山後もシロツメ草で遊んだりイタドリを取ったりしていました。
DSC_1237.JPG
持って帰ったイタドリはお家でジャムになったりお夕飯に変身したのかな?

今シーズンの西臼塚は今日で終わり!!
自然を体いっぱい感じたこだまちゃんたちでした。
(ayaya)666

東海地方は梅雨に入りましたね。
雨が降ると、子どもは外で遊ばせられないし、着替えが増えて洗濯物が増えるし、
室内干しで部屋はせまいし、なんだか憂鬱ですね。これは母の本音でしょう。
私自身も『あーあ、今日は雨か』と思います。
 
しかし、5歳と2歳のわが子の前では『あーあ雨か...』とは言いません。
それは、自分にとって都合の悪いことは全てダメでイヤなことなんだと
学習してほしくないからです。
 
RIMG0461.JPGのサムネール画像
雨は、降らないと困ります。
人は飲み水がなくなってしまいます。
作物も育ちが悪くなります。
樹も草も花も雨が降らなければ枯れてしまいます。
小さな水辺が枯れれば、カエルもヘビも虫もおたまじゃくしも死んでしまうでしょう。
 
地球は水の惑星と呼ばれますが、
その水の97%は海水で、淡水のうち70%は北極などの氷なので、
生活に使用できる真水は0.8%しかないと言われています。
目の前のことにとらわれずに
大きな視点で見れば、『今日は雨でよかった』となるのです。
 
大人が雨の日を残念がるのを変える必要はないと思います。
それもまた事実だからです。
ただし、それをそのまま子どもたちに伝える必要はないのです。
『雨の日は、出掛けれれなくて困るけど
樹や草やカエルは喜んでいるからどっちもどっちだね。』と
わが子と会話する時、私はこれを幸せな会話だなと思います。
良くも悪くも、親の発言は子どもの価値観を作るのですから。
 

こだまスタッフ&自然ガイド REX


今季2回目の西臼塚は、あいにくの雨予報。
でも、雨の森での活動も貴重な体験ということで、屋外プログラムとなりました。

森に入ってすぐ、エゾハルゼミ?の脱け殻を発見。
小型のセミで、標高の高い土地や涼しい地域に生息しているそうです。
真夏の住宅街で聞くセミの大合唱と違い、涼やかな声なんだろうな...

...などと思いつつ、かえで広場へ。
慣れたこだまちゃん達は、どんどん自力で、
まだ森に慣れていない子や寝起きの子(うちです)は、お母さんお父さんに抱っこしてもらって進みました。

今日は、先週拾ったY字型の木の枝を使って「おさんぽステッキ」づくり。
二又の部分に、好きな色の毛糸をぐるぐる巻けば完成です。かんたんカワイイ!KIMG0639.jpg

色とりどりのステッキを持って
KIMG0654.jpg
自由にお散歩しながら、花や葉っぱ、種などを
毛糸部分に挟んで楽しみました。

KIMG0645.jpg

お昼時、ザザーッと風で木がざわめき、一気に大雨が降ってきました。
急いでカッパを着てお弁当をしまい、下山。そのまま解散となりました。

こんな時でも、みんな慌てず騒がず、手際よく身支度をして山を下っていました。
こだママちゃん達、さすがです!

風や雨の音を聴いたせいか、いつもより自然との一体感を感じることができたひと時でした。
こだまちゃん達はどう感じたのかな?
KIMG0661.jpg