2012年11月アーカイブ

「秋の酵素ジュース作り」  を行いました。

秋の酵素ジュースは
とにかく 「秋の実り祭り!!」  です。
思いつく限りの  果物や野菜、木の実、 等々 
15種類以上を目指して材料を集めます!
201211201120001.jpg
酵素ジュースは、自分が暮らしている土地に近ければ近いほど自分や家族の体に合った物ができる...
という 地産地消の考え方なので、
EPOのまわりや庭にある木の実、畑の作物、知人の庭 等々...
酵素の材料になりそうな物を、日々、木の枝を見上げつつ集めました(^-^)

20種類集めればまずまず...。  
今回、25種類くらい集める事ができたので、かなり材料がバランスよくなったと思います(^-^)

材料を切ると
フレッシュな甘い香りが 広がります!
201211151147000.jpg
そのまま 口に入れたいのをがまんして
201211151147001.jpg
ひたすら 切っては 混ぜ 切っては混ぜ...

201211151215000.jpg
樽いっぱいに仕込みました!






201211151213000.jpg
だいぶ寒くなってきたので、 この季節だと出来上がりは 10日間くらいか それ以上かかると思います。

お楽しみです(^-^)


※EPOでは、今後、酵素ジュース作りの際に
「テラペール」というバケツを オススメしていきます。
発酵を促す作用&抗酸化作用  が、あります。

自宅でも、酵素ジュースを作り続けてみたい方には、ぜひオススメです!

テラペール(5リットル)... 2100円

こだまプチは『森のようちえん こだま』のサブプログラムです。
0才から就園前の親子ならどなたでも参加できます。
「こだまにはまだ早いかな?」という方もプチで楽しい時間を過ごしませんか。



クリスマスの寄せ植え

 

クリスマスからお正月までじっくり庭先や玄関を楽しませてくれる
冬の寄せ植えコンテナを作ります。
子どもと一緒に土いじりしましょう♪

・12月4日(火)10時から12時

・参加費・・・1000円(材料費込み)

・持ち物・・・持ち帰り用ナイロン袋、大人は軍手(必要な人)

    汚れてもよい服装でお願いします。
 

1.jpgのサムネール画像

今回指あみで作るシュシュ
楽しくおしゃべりしながらできました。

 

子どもが一緒でも、なんだかゆったりすごせます。

なんでかな。

これをきっかけに、ミシンも久しぶりに挑戦しようかな♪

というママもいて、うれしかったです。

 

来月は子ども用のネックウォーマーを作ります。

ノルディック柄がワンポイントになってかわいいですよ。

2.jpg

これからの こだまプチの予定

12月4日おそとの会*クリスマスの寄せ植え作り

・12月18日おへやの会*子ども用ネックウォーマー

・1月おそとの会はお休み

・1月15日おへやの会*内容未定

時間・・・10時から12時

参加費・・・1回1000円(材料費込み)

11月16日こだまたち

| コメント(0) | トラックバック(0)


11月16日快晴
雲ひとつない秋晴れ。飛行機雲がたくさん見えました。

芋掘り組
S君がとても大きいサツマイモを掘りました。
121116_1039~02.jpgのサムネール画像


121116_1040~01.jpg
お芋を掘った後のふかふかの土でRちゃんママがお団子上手。
大きなミミズが出てきたよ。


乗馬組
しばらく怖くてお馬に乗れなかったHちゃん。ママと乗馬したよ。
121116_1053~01.jpg
ごまちゃんがお友達の前でウンチをボトボト...
ぁあ決定的瞬間を見たかったなぁ(笑)

芋のツルが朝の冷え込みで霜ってしまったけど...Rちゃんママ、Mちゃんママ達が素敵なリースを作りました。
121116_1121~01.jpg


121116_1131~01.jpg

朝に皆で新聞紙濡らしてアルミ巻いて焚き火の中へ。
121116_1210~01.jpg
お昼に鮮やかな黄色のねっとり甘い安納芋の焼き芋を皆で頬張りました。

121116_1211~01.jpg
我が子Jも"美味しいね~"を大声で連発。(昨日うちの魚焼きグリルで焼いた焼き芋はそんなに褒めてくれなかったのに。。(笑))

今日は確かに日中ぽかぽかと暖かい日でしたが、11月中旬にも関わらずMちゃん"暑い~っ"と上着に続き肌着まで脱いじゃった。

121116_1211~02.jpg
皆の注目と笑いを浴びてご機嫌のMちゃん、最後にはオムツだけに。TくんとRちゃんがおへそをツンツン。
みんなで大爆笑の時間でした。

EPO屋内で木のオモチャの見本でお医者さんごっこ。
Rちゃん先生にMちゃんが患者さん。聴診器をあてっこしてよくみてるんだなぁと感心してしまいました。

今日は流れ解散。
池の中を棒でバチバチと楽しそうなKちゃんとSくん。
ぁあ服も靴もがびっちょり...・
でもお母さん達が笑顔で見守ってるのがいいなぁ。

解散後もまだまだ帰りたくないメンバーでさよならの歌をいました。
"さよなら○○くん、さよ○○ちゃん、来週のこだまで~・"
帰るモードになってくれましたハハハ

今日もとても楽しいこだまでした。

11月2日こだまたち

| コメント(0) | トラックバック(0)
秋の西臼塚ハイキング。
前回かなり寒かったので重装備になってしまいました。
結構重いな、なんて思いながら後ろを見ると
軽々おんぶだっこで談笑するママ達。かっこいい。絵になります。
IMG_4293.jpg

前回から二週間。山の景色はこんなにも変わるんですね。
葉色のグラデーションに うっとり。


IMG_4306.JPG

カエデ広場に到着すると大人のためのワークが待ってました。
葉の絵をなぞっていると Rちゃんが「私もお勉強お勉強♪」
って・・・親子でワークになりました。
IMG_4304.jpg

その後歩いてると 
娘Kが「カジカエデ!」葉っぱを見分けて名前をいうので
びっくりしました。お勉強してたのね♪

倒れている木に こども達が集まってきます。
IMG_4344.JPG
こっちでは、落ち葉を売るお店屋さんの
娘K、R子ちゃん、お客さんのHちゃん。
あっちでは、枝が注射器のお医者さんMちゃん、Rちゃん。
彼女達の前を通ると 注射されます(笑)
ケラケラ笑う こどもの声は、森の妖精さん?小鳥達? 想像力が働きます☆

緑のカーペット発見!
IMG_4347.jpg
さっそく上を歩きたがる娘K「お布団みたい、ふかふか〜」
って 苔の感触を楽しんでいました。

帰りの歌が終わった後も娘Kは やっぱり木に登りたがります。
みんなが 『おうまさん の木』と呼ぶ ブナの大木。
IMG_4393.jpg
写真で見ると恐竜みたい!

私も 子供の頃 木に登るのが大好きでした。娘を見ていると、
幼い頃の私を 見ているような、
もう一度子ども時代を過ごさせていただいてるような気分です。
森って不思議な空間。自然の空
間と もっと親しくなる時間をもとう♪と思った一日でした。

MIHOKO


今日のこだまはEPOです。
とてもいいお天気で、こだま日和♪
EPOに着くなりこだまちゃん達は思い思いに遊び始めます。
 
今日はお馬さんに乗る前に、落花生掘りをしました。
!cid_B4A582F9DB57452EAD9E4C828F5E1D56@vamosallaPC.jpg
「よいしょ!よいしょ!」と、みんな頑張って掘っています。
そんな中「今日は自分流で遊ぶの」とばかりに落花生はそっちのけで、
せっせと切り株ケーキを作っていた娘。
納得のいくものができたようです♪。
 
!cid_D1453ED71715482AB644C487FC1845E8@vamosallaPC.jpg 
そうこうしている内に、気づけばこだまちゃん達がお馬さんに乗っていました。
!cid_AB78331A4E2D43D9AB2707C132AD480F@vamosallaPC.jpg
小さな体で悠々と乗りこなす姿は誇らしくも見えます。
目線はしっかりとお母さんをとらえていました。
でも、乗らなくたって全然大丈夫。
こだまちゃん達は、見ているだけでも立派に自分が体験した気持ちになるそうです。
きっといつか自分から「乗る~っ」っていう日が来ます。
 
たくさん遊んだ後は、お弁当の時間!ですが、
こだまちゃん達はまだまだ遊び足りません。

大好きな木の下で元気一杯に遊んでいます。
「高い場所」って、それだけでたまらなくワクワクします♪
!cid_2B4A7CBF65C640BD957BDD17F7B25528@vamosallaPC.jpg 

木のブランコに、立って乗れるんだよって嬉しそうです♪
見守っているお母さんの姿が素敵でした。
!cid_B55368D7F90E449B9B33AEE57D9F7455@vamosallaPC.jpg
 
 
帰りのお歌で、大きな布を使ってわらべ歌「♪ももや♪」をしてくれました。
!cid_7EA29F0558264C7C913FD760B17EB1D7@vamosallaPC.jpg
ハンモックみたいで気持ちよさそう!
大好きなお母さん達の歌声に包まれて、
みんなどんな気分なんでしょうね♪
私が乗りたかった位です(笑)
 
娘はすっかりEPOを自分の居場所だと感じていて、
どこに何があるのかちゃんと分かっています。
大人が「こうしましょう、ああしましょう」なんて余計な事を言わなくても、
全身で自然と会話して行動しているように見えます。
先回りして指示するなんて、こだまちゃんの「気づく力」を奪ってしまうことなのかもしれませんね。
自分がこだまちゃん達と同じ頃は、
もっと草が目の前にあって、
毎日土や風の香りに包まれて過ごしていました。
自然に溶け込んでいるこだまちゃん達を見ていると懐かしく思えます。
そんな大切な事を思い出させてくれるこだまは、
子どもにとっても母にとってもかけがえのない居場所だと感じています。
 
 
 
A.Shimizu