2012年2月アーカイブ

 

今日はみんなヤル気満々で集合しました。
 
エプロンやスモッグを着て、さぁやるぞ!

!cid_40E62F8C-7AEF-4D48-BB63-F2AD22FB1328.jpg5時間煮てやわらかくなった大豆をみんなでつぶします。

大豆は親指と小指で押すとつぶれるやわらかさなので、
こだまちゃん達でも簡単につぶれました。

!cid_D6A60287-A67D-4D68-BB98-18F971F4A360.jpgこねたり、握ったり...そして味見♩

次の工程のしょっぱい こうじ を混ぜる時も、
かなりモグモグしたね(^-^)

小さいこだまちゃん達がこねてると、
何だか粘土遊びに見えてきた...

大豆の煮汁はみんなが家から持ってきた野菜と煮てカレーにします。
キャベツ、ほうれん草、大根や車麩なんかも入れて、バラエティカレー♡

 

!cid_FAB7DA99-642B-4DE9-AF33-5A1F631653D6.jpgEPOの焚き火の北に小さなビオトープがあります。

そこの水溜りにカエルの卵を発見したのは2週間前。
 
今日覗いてみたら、卵が4~5倍に増えてる!

!cid_73602369-80FB-4775-9C0D-8CDE55D2E31A.jpgみんなはカエルに会いたくてずっと卵を見つめていました。

!cid_E2FF4C91-A999-49F8-87FC-F4E1AC08DF29.jpgすると、卵の塊がフワフワっと動いたかっと思ったその後に、
お母さんカエル(たぶんね)が顔を出しました。

嬉しくて「いたよ!いたよ!」と指差すと、スッと隠れてしまうカエルさん...
 
カエルさんを待つこだまちゃん...と、
 
何度も繰り返しました。

!cid_22B759C4-AE37-475A-BBE3-C3838423CC5C.jpg春にみんなで、おたまじゃくしを見られたらいいな♩♩


本日のこだまは 
今年度 最後の ポニー引き馬でした。

一年間、 あたたかく 大きな背中に こだまのみんな乗せてくれた、 ゴマちゃん

 EPOのポニー達に、 ありがとうのニンジンを 用意しました。


2012_0217画像0380.jpg包丁を慣れた手つきで扱う Fちゃん。

それに気が付いた Yくんのお母さん
「すごい、慣れてる! お家でやってる?」

「うん、2才くらいからやってる。  ニンジンはちょっと難しいけど  大根とかは 切りやすくて  楽しいみたい」

「2才!すっごーい」

 
ニンジンは 確かにハイレベル。

力を入れて切るので、 もし指を切ってしまった時にはダメージがあります。


2012_0217画像0383.jpgでも、こだまちゃん達は、機会を作っては  包丁も使ってきました。 
みんな、やりたい気持ちは旺盛です。
大人が 見守っていれば なかなか上手に切ります。

包丁入門...はじめは 豆腐など 力を入れなくても切れるものから。  

徐々にキュウリなど押さえやすくて トントン切れるものを。 

 もちろん、乱々切りを覚悟で。

話がそれました...。



ゴマちゃんの準備ができると 早く乗りたいみんなが 集まり 列に並びます。


201202161116000.jpg私は こだまちゃんのポニーに参加するのが 久しぶりで

みんなの乗り方が あまりに上達しているのに もうびっくり!


背筋はきれいに伸びていて でもムダな力は抜け 揺れに身を任せて...

こんなに馬に身を任せられる3才児  って!!

エンドレスで 並んでは乗り...  を 繰り返す みんなと  お母さんと一緒なら乗れたみんな。  

エンドレス組以外は 十分乗って  ゴマちゃんお疲れさま。

乗り終えたら、EPOのポニー みんなに  先ほどのニンジンをプレゼントしました。

20120216.jpg与作にニンジンをあげていた  Rくん&Iちゃん。

 ニンジンが嬉しい与作は 首をぶるんぶるん振りまわし 

2人は与作の顔が向く度に 嬉しびっくり  きゃー きゃー  それはそれは賑やかです!

2012_0217画像0396.jpg馬がこわくて逃げてるのではなく  楽しそうに盛り上がっている2人と、

一緒に楽しんで盛り上がっている母達... 


こんな風に 子どもに共感しながら一緒に楽しめる時間って 本当に  充実しているなと思います...。

2012_0217画像0409.jpgEPOの空に
雪が舞ってきました。
焚き火のまわりと ビニールハウスでお弁当を食べ、本日は終了。

体験参加に来てくれた、 Hちゃん、Rくん、Sちゃん、楽しんでくれたかな。 

お疲れさまでした!

次回は 恒例  お味噌作りです!

 こだま二年目の我が家ですが、

昨年はお休みしてできなかった蜜蝋キャンドルづくり。
母の私が一番楽しみにしていたかも。

カセットコンロもお鍋も蜜蝋がつくと取れなくなるそうで、

アルミホイルで重装備です。
DSCN2189.jpg湯煎にした蜜蝋はほんのり甘い香り。
結んだタコ糸をしずかに蜜蝋に沈めて、持ち上げて。


しばらくすると黄色かったのが少し白っぽくなって固まったのがわかります。

DSCN2193.jpgみんなでコンロの周りを回りながら順番に糸に蜜蝋をつけていきます。


何度もつけていくと、だんだん太くなって、

ポッキーみたいで、ちょっとおいしそう。

DSCN2188.jpgみかん味?


今回は直径1センチくらいで、できあがり。

素敵な蝋燭ができあがりました。


蜜蝋は天然素材のみで作られ、

かつ有害物質が出ない割と珍しいものだそうです。
おうちで火を灯すのが楽しみですね。

 

二組に分かれたのでキャンドルを作っていない人は
池の氷であそんだり

DSCN2205.jpg、かえるの卵を発見して観察したり。
DSCN2196.jpgのサムネール画像おくどさんをかき回していたのはお料理作りだったのかな?

DSCN2206.jpgくるみを見つけてレンガで割ってみると食べたくて群がるこだまちゃんたち。
母たちも久しぶりに食べた人、その場で食べるのは初めての人も。
食べ過ぎて鼻血出しちゃった子はいなかったかしら。

 

DSCN2212.jpgみんなでお弁当タイムの後はわらべ歌です。
私は音感ゼロで楽譜も読めない困ったさんですが、
わらべ歌は歌えます。

そういうものらしいです。


そして、節や歌詞は変わっていくものなのでちょっとくらい間違っていてもいい、
という話を聞いたことがあって、

あまり気にせず歌うことにしました。


そして事実、

あっちで聞いたのとこっちで聞いたのと歌詞が違ったり、

節が違ったりするのです。


聞くたびに違うバージョンのくすぐり歌も。

それはそれで面白いものです。


もっと広まるといいのになぁ、わらべ歌。

由香

2月3日

| コメント(0) | トラックバック(0)

風が冷たい!
「寒いねぇ」といいながらも、空はとってもきれいな碧。
今日は、みんなモコモコの格好をして、エポの周りに散歩にお出かけです。

SBSH1161.jpgまずは、新しくきたお馬さんにご挨拶。
白いおとなしい与作。
これから、よろしくね。
見つめてみたり、なぜてみたり。


さてさて、出発出発。
ん?池に氷があるぞ。
これは遊んでいかなくては!

子ども達にはすっかりお馴染みになりつつある池。
今日は、分厚い氷でお出迎え。
「寒いから頼む、落ちないで」
と願いながらも、子どもと一緒に楽しむ母達はさすがです。
ツルツル、キラキラ。氷は綺麗。
子ども達は、氷を再び池にポイ!
滑って面白いね。
大きい氷だと、割れて楽しいね。
寒い冬だからこその遊び。
しかし、この氷、厚くてなかなか割れない。
そうこうしているうちに、手が真っ赤に...
SBSH1162.jpgさてさて出発出発。
馬のサクラちゃんがご飯を食べてます。
「このわら、食べるかなぁ」
「この葉っぱ、食べるかなぁ」
あげたいけれど、怖いからお母さんやって。
ハイハイ、平気だよ。ほら。
やだよ。怖いよ。
母は、自分の代わり(身代わり)?

凸凹石。上手く登れるかな?
藁を持って、魔法使い。
魔法をかけます。
木の枝は、僕の剣。戦いだ!

次々と出てくる遊びと道具は、ドラえもんのポケットよりすごい。
ホント、おもちゃがなくても充分。


林の中は、霜柱が覗いていて、光にあたってキラキラ光ってます。
霜柱って、こんなに綺麗なんだとびっくり。

林を抜けると、羊の放牧場。
ひなたはあったか。
羊ややぎを見たり、カマキリの卵を見つけたり...
SBSH1180.jpgん?こっちは何やってるの?
穴に棒を垂らして、釣り。
「大物が釣れました」
釣りは、したことなくても子どもはナゼか大好き。
どこで覚えるんだろうね?不思議。

SBSH1177.jpgあっちでは、ノコギリを出してギーコギーコ。
何になるんでしょう?
こだまちゃん達も挑戦。
さすがA君、Fちゃん、一人でもできる。頼もしい!
SBSH1175.jpg木が切れたら、木の枝に縄で吊るしてブランコに!凄い!
待ちきれない子達が、並んで待っているなか、完成!
さっそく順番こに乗りました。
もちろん、並んでいられない子もいます。
SBSH1187.jpg童歌を歌いながら、歌い終わったら次の子に。
待っている母達も一緒に歌いながら...
これならわかりやすいし、待っている間も楽しめる。
弓束さんによると、押している親の方も飽きないそうです。
SBSH1189.jpgなるほど、確かに。
童歌っていいなぁと改めて思いました。


そして、今日は節分。林に向かって豆まき。
夢中で投げる子。つまみ食いをする子。
鬼が出てくるんじゃないかと心配する子。
子どもがいると、行事も楽しい。
まいた豆は、動物さん達が食べてくれるでしょう。
れいかさん曰く、この時期は餌が少ないから助かるんだよじゃないかなと。
わたし達はぬくぬくしていても、生き物にとっては厳しい冬。
寒い寒いと贅沢言ってられないなぁ。でもやっぱり寒いけど。

散歩の途中、梅の木の蕾が膨らみはじめていました。
こんなに寒いけれど、春はちゃんと近づいているんだね。
SBSH1199.jpgその後は、思い思いに遊んで、お腹が減ったらエポに戻ってお弁当。
エポでも、焚き火場で焚き火ごっこをしたり、砂山に登ったり。
たまに物の取り合いなったり、譲ってみたり、やっぱり取り返してみたり。
子どもが成長したのか、仲良くなって慣れてきたのか。
関わりが増えてきた気がします。
母としても、その姿がとっても嬉しくて。

また来週。楽しみだね。