2011年6月アーカイブ

 

6月9日(木)

今日は、月一回のEPOファーム。小さな畑の世話をしてから、ポニーに乗る日です。ポニーのゴマちゃん、ブイちゃんに会えるのをみんな楽しみにしています。

みんながだんだん集まってきたので活動開始!

まず、畑へ行ってみると...やっぱり!スギナがすごい勢いで生えています。草抜きしなくっちゃ!みんなでやるとあっという間です。小さい人たちもがんばってくれています。

そして、今日のメイン作業はサツマイモの芽さし。秋になったら焼きいもしようね。

2011_0607画像0020.JPG

 

スナップエンドウの収穫もしました。お弁当の時に食べたら、甘くておいしかったね。

2011_0607画像0018.JPG

 

2011_0607画像0020.JPG2011_0607画像0018.JPG

 

お待ちかねのポニーの準備ができました。

 

2011_0607画像0009.JPG

 

去年乗れなかったR人くん、ニコニコ顔で乗っています。お母さんが感激。エサをやるのはだれにも負けないくらい好きだったから、決してポニーが怖かったり、いやだったりしたわけじゃなかったのです。成長とともに自分のペースでポニーとの関係を築いてきたんだな...とスタッフもうれしくなりました。

同じく、去年はなかなか乗れなかったR介くん。お姉ちゃんが幼稚園へ行った今、お母さんを取り合う必要もなくなり、こだまの活動をたっぷり楽しんでいる様子。ポニーにも楽しくのれました。

Kくんは、今年度は最初から堂々たるモノ。すっかりポニーにはまったね~。

ポニー好きのAちゃん、Iちゃんは順番が待ち遠しい。「もう一回!」と、他の子を乗せているポニーを見つめています。

 

2011_0607画像0012.JPG

体験参加のお友達もみんな楽しく乗ることができました。ゴマちゃん、ありがとう。

 

今日のEPOの人気はブランコでした。木につるされている白い籐椅子。みんな順番に乗りました。「この場所涼しいね。」とR介くん母。

それから、モリアオガエルの卵にも興味深々「中、みてみたいね~」という母たちの声も...。

 

 

2011_0607画像0013.JPG

 

来月のEPOの日には、クワガタがいるといいな。探しにいこうね。

 

6月17日(金)

「あしたは絶対雨だ...」という予想に反しくもり!「やった!天子の森に行けるぞ!」

と出発です。

「今年のこだまちゃんは、すごいついてるね!」とAちゃん母。本当に。

今日は、いつものビオトープみたいな小川へ行く前に、天子の森をお散歩しよう!

 

2011_0613画像0007.JPG

 

]満開のヤマボウシの花の下に集まると、さっそく橋を発見。そっちへ向かってまっしぐらの子どもたちです。川は、連日の雨で増水しています。この橋の下は去年の夏川遊びしたところ。けれど、今日は危ないね。

橋を渡って林を歩くともう一度橋があります。橋から川を見ると、滝とはとても呼べないけれど水が落下するところがよく見えて、ザーザーと大きな音がしています。水量もあるのですごい迫力。しばしみんな釘付けでした。

音に圧倒されます。水の強い大きな力を感じます。そして水しぶきとまでいかないような、湿ったひんやりした空気が川から流れてくるのを感じます。黙っていつまでも見入る子どもたち。川に入らなかったのにたくさん「川」と「水」を体験しました。

 

2011_0613画像0001.JPG

 

そのあと、2組ずつのグループになって、「まるいもの」や「ながいもの」や「ピンクのもの」とテーマを決めて、探しながら歩きました。ヤマボウシの下まで歩いてみんなの集めたものを見てみると、なるほど!と思うものがたくさん。「まるいもの」のグループが多かったのですが、グループによって集めたものはさまざまでした。ヘビイチゴ、丸い葉っぱ、石、小さな花のひとつひとつが丸いし、集まって咲いているところは大きな丸...。ボーっと歩くよりいろんな発見があって面白かったね。

 

2011_0613画像0005.JPG

 

今日の収穫?は桑の実。大きな桑の木があって、実がたわわになっていました。まだ黒く熟しているのは一部でしたが、みんな熊の親子のように必死になってとっては食べ、お口が紫になっていました。次回はもっとたくさん熟しているといいな。

 

2011_0613画像0002.JPG

 

さくらんぼの実も黒く熟していました。木によってしぶいのと甘いのとあって不思議。

 

2011_0613画像0013.JPG 2011_0613画像0010.JPG

 

お弁当を食べた子から、おたまじゃくしに会いにいってみました。足が生えてきていました。こんな変化を見れてよかったね。

Iちゃん母、イモリ発見。

毎回この生き物と仲良くなろうと努力しているIちゃん母。今日は捕まえてみたいと必死です。

なんとか捕まえた!と思ったら、キャッと言ってはなしてしまった。

がんばれ!と心で応援する、スタッフA。見守るKくん母。「そこまでいったら大丈夫だよ。」とFちゃん母。「すごーい!私には無理無理!」と思っているR人くん母...。そんな中、もう一度チャレンジするIちゃん母。えらい!

「Iちゃん、お母さんがんばってるよ!」と自分で自分を勇気付け、今度は入れ物でチャレンジ。捕獲なんとか成功!

いやー、何回も天子の森に来た甲斐があったね。みんな拍手!でした。

 

2011_0613画像0024.JPG 2011_0613画像0020.JPG

 

次回は7月1日天子の森です。どんな発見が待っているかな?

 

 

 

 

 

 

 

2011_0525画像0403.JPG2011_0530画像0002.JPG5月27日(金)

今にも雨が降ってきそうなお天気。でも、なんとかもってくれることを期待して、天子の森へ出発!

「おたまじゃくしー!」と足取り軽くリズミカルに川に向かうAちゃん。Fちゃんは砂ふるいに半そでで、やる気満々!まるでどじょうすくいの様にすくい放題!カゲロウの幼虫も見つけました。お母さんとじっくり観察。KくんとKくん母は少し離れた上流でそーっと探していたかと思ったら、カニを見つけてました。

 

2011_0525画像0404.JPG

 

初参加のHちゃん。入れ物に入っているおたまじゃくしをジャー...とこぼす作業。こぼすのが楽しい時期なんですよね。

どうやら、水が濁ると出てくる感じのイモリやヤゴなど...「見つけるけど触れない」R人くん母と、「見つけたら逃がさない」Aちゃん母が、次々発見し、Hちゃんのお母さんも感心しながら観察してました。

 

2011_0525画像0403.JPG

 

キャッチアンドリリース。Kくん、自分で逃がしてあげて、納得です。

そろそろおなかがすいたかな?というころ、雨がポツリポツリ...。

田貫湖ふれあい自然塾へ移動してお弁当にしました。

おたまじゃくしとたくさん遊べてよかったね。

 

 

6月3日(金)

今日はおたまじゃくしとりの3回目。こんなに何回も行って楽しいの?

いやいや、これがよいのです。体験は積み重ね。

小川の様子、おたまじゃくしの感触、水の冷たさなどなど、「ほらね。やっぱりこうだった。」ということと、「あ、今日はちょっと違ってるな。」ということを何度も何度も積み重ねて体験する。そのことで小川やおたまじゃくしを理解するのがこの年齢の子どもたちです。

 

2011_0530画像0002.JPG

 

3回目の子たちはおたまじゃくしのいる小川へ直行です。

着いたとたんなんのちゅうちょも無く川へ入るAちゃん。前回のお母さんのまねをして、小さなあみで陸からすくっているYちゃん。お母さんといっしょに水の中で一生懸命におたまじゃくしをとっているTちゃん。

 

2011_0530画像0004.JPG

 

こっちでは、男の子3人集まって、観察中。なんだか小川のおたまじゃくし、大きくなったね~。

 

2011_0530画像0003.JPG

 

1回目のときにYちゃんがもってかえった一匹のおたまじゃくしは、まだしっぽがあるけれど、ほぼカエルに成長していました。今日は、このカエルを川へ逃がします。

それに、この日母たちが見つけたたくさんのイモリは、お腹が大きくてどうやらたまごを持っているようです。すごい変化です。

Mちゃん母がイモリのたまごらしいものを発見!2ミリくらいの透明のたまごの中に黒い生き物がいるのです。よく見つけたねぇ。

カワトンボやカニやヤゴも母たちが捕まえてきてみんなで観察しました。母たちスゴイ!

 

2011_0530画像0009.JPG2011_0530画像0008.JPG2011_0530画像0012.JPG2011_0530画像0007.JPG

 

たっぷり遊ばせてもらったおたまじゃくしとりの活動は今日が最後です。たくさんの生き物たちに感謝。

新しいメンバーがふえ、子どもたちも少しずつ仲良くなってきましたよ。

 

2011_0530画像0015.JPG

 

 

2011_0530画像0017.JPG

 

来週はEPOでお馬に乗るよ~!お天気だといいな。