東日本大震災被災地支援の最近のブログ記事

被災地へ その3

| コメント(0) | トラックバック(0)

 RIMG0464.jpg

相馬の中村神社はさすがに馬と縁の深い神社だけあって

いたるところに馬があしらってありました。

RIMG0465.jpg

こんなところにも、表情の違う馬たちが

RIMG0481.jpg

正面には、威風堂々野馬追の馬でしょうかRIMG0466.jpg

そして、馬たちの安全祈願もしてきましたよ~♪

RIMG0482.jpg

 

今回のツアーは馬の輸送と支援物資を届けるというミッションもあったのです

まずは、EPOでも農場内のあちこちで大活躍のヤシマットです

RIMG0471.jpg清水のマイスターズインクさんより1ロット寄贈していただきました。

 

それから、馬たちの飼料です。

EPOの馬たちがお世話になっている餌屋さんの青木さんより

干牧草とヘイキューブやふすまなど馬運車いっぱいに積んでいただきました。

 

RIMG0469.jpgうまとあるくSOMAさんの手で

馬たちの役にたてていただけると思います。

 

震災から半年がたち、

怪我やショックで亡くなった馬もいますが

あたらしく生きる場所を見つけ、たくさんの馬たちがこの相馬を後にしたということです。

今、残った馬たちはもう行くところがなく

今後もうまとあるくSOMAで暮らしていく子たちだそうです。

 

まだまだ、支援が必要な状況です。

今後EPOでもさくらを大切にしながら

また、何ができるのか考えてゆきたいと思います。

 

ひとまず、さくらは少しずつ元気になっています

表情も表れるようになってきました

さくらがたくさんの子どもたちとあそんだり、

楽しい時間を過ごせるようになりますように・・・

__.jpgこれからも、さくらをよろしくお願いします。

 

 

 

 

被災地へ その2

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 相馬中村神社 馬場の横が

 私たちのベースキャンプです(笑)

20111018 1.jpg 朝4時に朝飼、5時にはトレーニングスタート

 いろいろな人が、入れ替わり立ち代わり訪れ

 スタッフさんも皆で世話をされていました。

 

 ここの馬たちは、かつて競馬で活躍した馬も多く

 日頃ポニーしか扱っていない私たちにとっては、めっちゃ大きく怖い・・・

 食事時の騒動のすごさは半端ない・・・

 とても恐ろしくて近寄れず(泣)

 あまりお役に立てなかった私たちでした(笑)

20111018 2.jpg                       神社の看板馬 ムーミンです。

                       ニンジン食べ係で復興支援を担っています

                       この日脱走して神社の境内を走り回っていました(爆)

 

少し時間があったので海の方へ行ってみました。

IMGP1135.jpg

道路などの瓦礫はかなり片付けられていました。

建物の撤去はまだまだで、痛々しい現状に言葉を失いました。

IMGP1104.jpg

  目の前の海に沈んだままの バス

  一緒に行ったEPOのジュニアチームの子どもたちも

  目の前の現実をどのように感じたでしょうか・・・

  ここに暮らす方々の不便や、想いは簡単な言葉では表すことはできません。

 

  帰ってからも、私たちに何ができるか考え続けようと思いました。

 

 

  

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

被災地へ  その1

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 10月12日の夜

 福島県相馬市に出発しました。

 

 相馬中村神社内 NPO法人 馬とあゆむSOMA まで

 震災で飼えなくなったポニーを一頭引き取りに行くのが目的です。

 20111013 5.jpg                       相馬中村神社です

 

 千年以上の歴史の由緒ある中村神社

 相馬の野間追祭などでも有名な馬とは縁のある神社です。

 

 この度、いろいろなご縁で、相馬から小さなポニーを一頭 EPOに迎えることになりました。

 中村神社には、近隣から被災馬が続々と避難して来ています。

 

 津波で流され亡骸も見つからない馬、怪我をした馬、

 飼い主が避難を余儀なくされ置き去りになった馬

 馬たちは様々な事情でここで命をつないでいました。

 

 EPOもわずかでもできることをやりたいと思い

 行き先を探していたポニーを引き取らせていただくことになりました。

 

 

 

 相馬では、GOMAちゃんのふるさと新潟ポニーズの16日イベント(ポニーカーニバル)

 に向けて馬の調整や荷物の積み込みが行われました。

IMGP1085.jpg

かつて、何億も稼いだといわれるサラブレットたち

IMGP1094.jpg ものすごい迫力の走り、馬たちも汗が噴き出していました。

 装束の積み込みも大仕事です。

20111013 3.jpg

私たちも、厩舎作業と準備をお手伝いさせていただきました。

そして、あいまに私たちが迎えることになったポニー「さくら」のお散歩

すごくきれいな目をした女の子です

20111013 2.jpg

今は足が悪く、うまく歩けませんが

少しずつ回復し、元気になる日が来ることでしょう

 

みなさん、よろしく!

 

 

 

完売続出!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 昨日届いた はらから商品をもって

 まずは、駅前商店街おかみさんの会が主催する十六市

 気合ののぼり旗なども準備して、出かけましたよ~~~!!

20110916 1.JPG すっかり顔なじみのEPOブースに

 いつものお客さんから

 「あら?今日は何??」と 

 にぎやかな商品はさすがに目を引きます

 

 十六市での午前中の販売から、お昼休みを狙って市役所の職員さんへ繰り出し

 最後は、ぷらどーむ児童クラブで夕食直前駆け込み販売!

 

 売ったど~~~!!!

 

 こんにゃく、さしみゆば、タンカレーは完売しました!

 

 場所によって売れ筋商品が違い 売り上げも上場

 

 この後1ヶ月の前哨戦としては

 まずまず、言うことなし!!ってとこでしょうか

 

今後のはらから福祉会出張販売の予定

 9月24・25日 富士川サービスエリア

 10月1日~ 富士山野菜センター 

 10月8日  いっしょにくらそう祭り

 10月10日 富士山メッセ 子育てフェアー

 10月16日 駅前商店街十六市

 

 その他にも、お声をかけていただければ、イベント

 販売会等出張いたします

 是非、ご連絡ください。

 EPO 就労継続支援B型事業所 インディ・ワークス

 

 

20110708143740.jpg今日は最終日。

現地へ出ると戻るのが7時を過ぎてしまうので事務担当ということで盛岡のセンターで電話番

、雑用、掃除、シーツの洗濯などをしました。

まだ一度も街に出てないので、

盛岡駅近くで名物ジャージャー麺を食べました。

麺を肉味噌、ニンニク、生姜などでからめたものでおいしかったです。

今川代表に挨拶して15時に出発。

多くの人と関わり、話ができました。

障害を持つ方、避難所で暮らす方、現地で働く職員、自衛隊員など、そして被災地障害者センターいわての方。

密度の濃い6日間で貴重な経験ができました。

今回どれだけ役にたったかわかりませんが、

仕事をまかせていただいたことに感謝しています。

できればまた行って何らかの助けになりたいと思っています。


20110706091216.jpg

 

下村彰宏

 

 

20110708151449.jpg被害の多かった陸前高田方面へ。

障害者さんの見守りで1日を避難所で過ごしました。

食事や洗濯の手助けをしながら、

ほとんどの時間を障害者さん、

避難所のリーダーさん、

避難所の係員、

おばさんたちと井戸端会議、

ようやくこちらの言葉が聞き取れるようになりました。

昼食は救援物資のレトルト食品、

今は豊富にあるようで贅沢させてもらいました。

避難所の人たちがみんなで障害者さんを見守っている感じでした。

 

 

20110708125113.jpg下村彰宏

 

20110707094844.jpg大船渡の避難所の障害者さんの支援で買い物や食事の手伝いをしました。

避難所から仮設住宅に移られる方が増え、

今日行った所もひっそりしていて今月中に閉鎖になるだろうとのこと。

昼食は避難所のカップ麺と缶詰め、

その後送迎バスに乗って自衛隊の仮設風呂に行きました。

予想外に快適。

20110707143516.jpg避難所にいる方は気軽に声をかけてくれ、

多くの方と話ができました。

盛り上がると理解できない方言も。

あと仮設住宅の障害者さんを訪ね30分間震災当日の話を聴きました。

とてもメールでは書けません。

今日も貴重な体験をしました。


下村彰宏

 

20110706111754.jpg

宮古と釜石の間にある町に行き、障害者さんの通院、

買い物、家事のお手伝いをしました。

障害者であるゆえ震災でつらい目にあった事を涙ながらに話され、

私も泣きそうでした。

昨日の方もそうでしたが、家族以外の人にも話をする、

話を聴いてもらうことがをすごく楽しみだそうです。

一寸した手伝いでしたがお役にたてた気がしうれしかったです。

仮設住宅の訪問で、こちらの趣旨を話したところ感謝の言葉をかけていただきました。

4月頃は声をかけてもとりつく島のない方も多かったとききました。

まだまだ大変ながら少しづつよくなっているのかなと思いました。

 


下村彰宏

 

20110705182750.jpg先輩スタッフと宮古の障害者さん宅を訪問し御家族と一緒に談話。

7時半出発、車で2時間半、遠い。新拠点を検討してるとのこと。

街はかなり片付いているようだが、震災の爪跡を実際に見てショック。

宮古市役所に行って情報収集とお願いをし帰る。

夕食は自炊で7時からメンバー10人そろって食べた後、

10時まで熱いミーティング。

最後に銭湯に行って疲れを癒やしました。 

20110705183147.jpg

 

下村彰宏

 

今週月曜日から1週間、

当事業所職員のSさんが岩手へボランティアに出向してくれています。

現地から報告メールが届きました。

 

                                               いってきます!

IMG_8049.jpg

 昼すぎに被災地障害者センター岩手に入りました。

もう私の週間予定が決まってました。

人手不足気味で忙しそう。

今日はいままでの日誌や報告書を読みましたが作業所がなくなったとか、

職員の方が行方不明とか生々しい話が書いてありました。

障害者さんの実状把握はだいたい終わり、

個別の支援が始まっています。

今日も数件の依頼の電話がかかってきていました。

明日は病院送迎や居宅での生活介助などがあり、

車で3時間かけて宮古に行きます。

同室の方とは夜遅くまで福祉や障害者支援について話すことかできました。

 

下村彰宏

 

 

                                              

ウェブページ