2011年10月アーカイブ

さくら

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

さくらが来て10日が経ちました。

ここが安心して暮らせる所だと感じてくれているでしょうか

 

朝、声をかけると、フフフフと返事をし

ブラシをかける時、気持ちよさそうに首を伸ばし

馬房を離れると、目でずっと追ってくれます

 

今日はあったかいし 日向ぼっこもいいよね~♪ と

馬場に放牧してみることに

IMG_4525.jpgなかなか歩かないさくらでしたが、爪も見てもらって

以前と比べて格段に動きやすくなってきたようです

IMG_4526.jpg

暖かい日差しの中で

土のにおいを嗅ぎ、気持ちよさそうにゴロゴロしていました

IMG_4530.jpg少し、リハビリになるよう 蹄跡に大豆の葉を点々と置き

馬場を一周できるかな? と試してみました

IMG_4531.jpgしか~~し、次に見た時には、

葉っぱは無視して

あっという間に馬房に帰っていました(笑)

 

今日は、これでも上出来です

少しずつ元気になろうね、さくら♪

 

 

被災地へ その3

| コメント(0) | トラックバック(0)

 RIMG0464.jpg

相馬の中村神社はさすがに馬と縁の深い神社だけあって

いたるところに馬があしらってありました。

RIMG0465.jpg

こんなところにも、表情の違う馬たちが

RIMG0481.jpg

正面には、威風堂々野馬追の馬でしょうかRIMG0466.jpg

そして、馬たちの安全祈願もしてきましたよ~♪

RIMG0482.jpg

 

今回のツアーは馬の輸送と支援物資を届けるというミッションもあったのです

まずは、EPOでも農場内のあちこちで大活躍のヤシマットです

RIMG0471.jpg清水のマイスターズインクさんより1ロット寄贈していただきました。

 

それから、馬たちの飼料です。

EPOの馬たちがお世話になっている餌屋さんの青木さんより

干牧草とヘイキューブやふすまなど馬運車いっぱいに積んでいただきました。

 

RIMG0469.jpgうまとあるくSOMAさんの手で

馬たちの役にたてていただけると思います。

 

震災から半年がたち、

怪我やショックで亡くなった馬もいますが

あたらしく生きる場所を見つけ、たくさんの馬たちがこの相馬を後にしたということです。

今、残った馬たちはもう行くところがなく

今後もうまとあるくSOMAで暮らしていく子たちだそうです。

 

まだまだ、支援が必要な状況です。

今後EPOでもさくらを大切にしながら

また、何ができるのか考えてゆきたいと思います。

 

ひとまず、さくらは少しずつ元気になっています

表情も表れるようになってきました

さくらがたくさんの子どもたちとあそんだり、

楽しい時間を過ごせるようになりますように・・・

__.jpgこれからも、さくらをよろしくお願いします。

 

 

 

 

被災地へ その2

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 相馬中村神社 馬場の横が

 私たちのベースキャンプです(笑)

20111018 1.jpg 朝4時に朝飼、5時にはトレーニングスタート

 いろいろな人が、入れ替わり立ち代わり訪れ

 スタッフさんも皆で世話をされていました。

 

 ここの馬たちは、かつて競馬で活躍した馬も多く

 日頃ポニーしか扱っていない私たちにとっては、めっちゃ大きく怖い・・・

 食事時の騒動のすごさは半端ない・・・

 とても恐ろしくて近寄れず(泣)

 あまりお役に立てなかった私たちでした(笑)

20111018 2.jpg                       神社の看板馬 ムーミンです。

                       ニンジン食べ係で復興支援を担っています

                       この日脱走して神社の境内を走り回っていました(爆)

 

少し時間があったので海の方へ行ってみました。

IMGP1135.jpg

道路などの瓦礫はかなり片付けられていました。

建物の撤去はまだまだで、痛々しい現状に言葉を失いました。

IMGP1104.jpg

  目の前の海に沈んだままの バス

  一緒に行ったEPOのジュニアチームの子どもたちも

  目の前の現実をどのように感じたでしょうか・・・

  ここに暮らす方々の不便や、想いは簡単な言葉では表すことはできません。

 

  帰ってからも、私たちに何ができるか考え続けようと思いました。

 

 

  

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

被災地へ  その1

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 10月12日の夜

 福島県相馬市に出発しました。

 

 相馬中村神社内 NPO法人 馬とあゆむSOMA まで

 震災で飼えなくなったポニーを一頭引き取りに行くのが目的です。

 20111013 5.jpg                       相馬中村神社です

 

 千年以上の歴史の由緒ある中村神社

 相馬の野間追祭などでも有名な馬とは縁のある神社です。

 

 この度、いろいろなご縁で、相馬から小さなポニーを一頭 EPOに迎えることになりました。

 中村神社には、近隣から被災馬が続々と避難して来ています。

 

 津波で流され亡骸も見つからない馬、怪我をした馬、

 飼い主が避難を余儀なくされ置き去りになった馬

 馬たちは様々な事情でここで命をつないでいました。

 

 EPOもわずかでもできることをやりたいと思い

 行き先を探していたポニーを引き取らせていただくことになりました。

 

 

 

 相馬では、GOMAちゃんのふるさと新潟ポニーズの16日イベント(ポニーカーニバル)

 に向けて馬の調整や荷物の積み込みが行われました。

IMGP1085.jpg

かつて、何億も稼いだといわれるサラブレットたち

IMGP1094.jpg ものすごい迫力の走り、馬たちも汗が噴き出していました。

 装束の積み込みも大仕事です。

20111013 3.jpg

私たちも、厩舎作業と準備をお手伝いさせていただきました。

そして、あいまに私たちが迎えることになったポニー「さくら」のお散歩

すごくきれいな目をした女の子です

20111013 2.jpg

今は足が悪く、うまく歩けませんが

少しずつ回復し、元気になる日が来ることでしょう

 

みなさん、よろしく!

 

 

 

大豆の収穫

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

 EPO自慢の、大豆の収穫が始まりました。

 

                    収穫運搬20111004 2.jpg

                    葉と実を分別

20111004 3.jpg

                   さらに実を分別

20111004 4.jpgそして最後は、エコ処理班がきれいにたいらげてくれます

20111004 5.jpg

 

馬も羊たちも大喜び♪

 

そして彼らの体を通じて出てきた物は、

土の中でミミズさんにお世話になって

また、畑へ・・・

お手本のような循環です

 

今からの繁殖シーズンに向けて

しっかりとした体づくりをしなければならない

羊のかあさんたちには、

うってつけのごちそうです。

 

この季節に、これから必要な栄養を蓄えられる作物がちゃんと採れること

すべての命のつながりをここでも感じます。

 

年中、外国産の飼料を買い与え、

飼育することがスタンダードな今

旬のものを動物たちと一緒に分け合っていただけることに

感謝・・・。

 

 

 

ウェブページ