先日、2018年度こだま、最終回を迎えました。
最終は、「お別れ会」でした。

カラスのパン屋さんの紙芝居を見て、パン作り(^^♪
小麦粉に豆腐をいれて、コネコネ...生地を作ります。
お団子を何回かやったからでしょうか?
コネコネがとっても上手になっていてビックリしました✨

生地ができると、早速焚き火で焼きました。

こんがり、美味しく焼き上がりました(*^-^*)

大人にとっては、最後だ...と思うと、1つ1つの事が感慨深いのですが、
子どもたちはいつもと変わらない様子。
いつものように、トランポリンをして、お砂場も楽しんで♪
焚き火も、お弁当もいつもの通り...。


お弁当の時には、お母さん方から、一年間の感想などを一人一人話して頂きました。

お話をしながら、流す涙で、私たちスタッフも涙涙(ノД`)・゜・。となってしまいました。

皆さんから頂いた言葉から、こんなにもこだまが愛されていたな...。
こだまがお母さんたちの支えになり、癒しになっていたいたんだな...。
子どもを見る視点が変わって、力まず、ありのままの姿を見てくれるようになってくれていたんだな...。
と、たくさん実感する事が出来ました。
私は、そんなこだまのスタッフをやらせて頂いている事が、なによりも幸せな事だと、
心から思いました。


どの方も、自分の子育てに必死ですよね。
一生懸命になり過ぎてしまっていて、子どもの気持ちが見えなくなったり、
自分がこうして欲しいと思うからこそ、子どもの行動が困ったり、悪い事になってしまったりするんですよね。

困った子どもの行動が、悪い事ではなく、
その子の年齢の発達段階では、誰にでも表れる事だったりします。
「子どもって、こううゆもの」と言う事を知っていれば、怒らずにすんだり、
やめさせる事なく、やらせてあげる事が出来るんですね。


子どもにとって、『子どものする事全てにはい意味がある』。
小さければ小さい程、そうだと思います。

大人にとっての『いい子』は、大人の言う事を聞く子だったり、
おとなしい子だったりしますよね。
でも、子どもの発達をよ~く見ていると、
親の思い通りに行かない、困らせる子程、『いい子』なんだと実感します。

子どもって、小さくても、ちゃんと自分があって、「こうしたい」気持ちを持っています。
それをやるために、反抗もします。
それは成長において、とて必要な事だと思います。
無意識に、その子が、脳が、その体験を求めているんですね。

だからこそ、ダメな事を減らして、ありのままの子どもを受け止められるようになれたら、
子どもは、意欲的な、やる気満々のお子さんにどんどん成長して行くと強く思うのです!

長い人生の中で、親子が密に過ごせる、3,4才までの大切な時間。
子どもも大人も、幸せな子育てが出来るよう、私たちは心から願っています。

そんな貴重な時間を、こだまで過ごして頂いて、本当に感謝、感謝✨です!!
こだまの仲間として、いつでもこだまに、EPOに、遊びに来てくださいね~!!\(^o^)/

こだまスタッフ りか♪



IMG_2320.JPG


IMG_2321.JPG


po4uq98.JPG


森のようちえんこだま 2019年も張り切って行きます!!
新メンバー大募集です!!

興味のある方は、是非体験会にお越しください(≧▽≦)


【プレ体験会 開催!】

2019年3月〜プレ体験&説明会を実施します。
参加を検討されている方はぜひお気軽にご参加ください!

日程:2019年3月22日(金)、27日(水)、28日(木)4月2日(火)、3日(水)、
   (都合の合う日をお選びください)
        
時間: 各10時〜12時半

場所: EPOファーム&ガーデン

参加費: 親子1組1,000円(雨天中止)

対象: こだま対象年齢の1歳位〜未就学のお子さんと保護者

持ち物: おにぎり、水筒、汚れてもいい服、お着替え、防寒具

内容: ポニー乗馬体験、森遊びの体験、焚き火体験、概要説明

お問い合わせ・お申込み: 森のようちえんこだま 代表 渡辺あやこ 090-8156‐2926
            体験会お申込みは、ご希望の日にちを決めて、ショートメール にてご連絡下さい

森のようちえんこだまで、一緒に自然の中で子育てしてみませんか?

2019年度の参加者さん(未就学児と保護者)を大募集します!!


【森のようちえんこだまとは...?】

体験を積み重ね
子どもたちの
ありのままの姿に向き合うことで
生きる根っこを育みます


森のようちえんこだまは、1才~未就学児の親子が、四季を通じ、
森、野原、川、牧場で半日を過ごすプログラムです。

自然界は、おもしろくふしぎなものに満ち溢れています。
「これは何だろう」「こうしてみよう」「もう一回やってみよう」
子どもたちは次から次へと何かを発見し、熱心に独自の探求を行うことでしょう。
どの気持ちに共感し励ますことで、豊かな感性、意欲のある子どもが育ちます。
それだけでなく、自然体験は子どもたちに、経験に裏づけされた確かな知能、
バランスのとれた身体も与えてくれます。
さらに幼い時に自然に親しんだ経験は、大人になった時、創造的に生きる原動力
となることでしょう。

また、親としてこの時期の子どもたちを見守り、共感し、
気持ちを尊重することができる=『わが子のありのままの姿に向き合う』
という視点を得ることは、長い子育ての中で必ず役に立つことと信じています。

わたしたちと一緒に自然の中で子育てしてみませんか?

34u98qht8.JPG



【プレ体験会 開催!】

2019年3月〜プレ体験&説明会を実施します。
参加を検討されている方はぜひお気軽にご参加ください!

日程:2019年3月22日(金)、27日(水)、28日(木)4月2日(火)、3日(水)、
   (都合の合う日をお選びください)
        
時間: 各10時〜12時半

場所: EPOファーム&ガーデン

参加費: 親子1組1,000円(雨天中止)

対象: こだま対象年齢の1歳位〜未就学のお子さんと保護者

持ち物: おにぎり、水筒、汚れてもいい服、お着替え、防寒具

内容: ポニー乗馬体験、森遊びの体験、焚き火体験、概要説明

お問い合わせ・お申込み: 森のようちえんこだま 代表 渡辺あやこ 090-8156‐2926
            体験会お申込みは、ご希望の日にちを決めて、ショートメール にてご連絡下さい

oi5u98qy.JPG


【森のようちえんこだま1日の流れ】

9:45  集合、健康観察

10:00 朝のお集まり
     ・テーマに合わせた活動(季節の活動・絵の具・ポニー引馬・畑など)
     ・自由遊び(ブランコ・うさぎと触れ合い・お砂場・泥んこ遊びなど)
     
11:30 昼食(お弁当)

12:15 帰りのお集まり   
     ・わらべうた
     ・さよならの歌
     ・連絡事項

12:45 終了


po5uqt.JPG



【2019年度 活動概要】

●活動日
基本的に火〜金の週4日活動。
(長期休み期間を除く。)
※週に1回参加〜週に4回まで希望に応じて、
参加回数を選んで頂けます。
曜日も申込時点で基本曜日を選んで頂く選択制です。

●時間
9:45〜12:45

●場所
EPOファーム&ガーデン (富士宮市粟倉2736-3)
(季節に何度か富士山原生林や川での活動あり。)

●定員
1日の参加定員は12組。
登録定員は48組。(先着順)

●対象
1歳から未就学児とその親
※常時のお子さんのみの参加はできません。

●月謝
年会費3,000円(クラブEPO入会費)
       +月謝制
週1回(1ヶ月分3回)参加 ...4,500円


●お申込み、お問い合わせ
森のようちえんこだま(EPOファーム&ガーデン)
〒418-0011
静岡県富士宮市粟倉2736-3
代表 渡辺 あやこ
電話 090-8156-2926


IMG_2093.JPG
燻製&森へ探検


朝の挨拶の前にゆでたまごの殻むきをしました。
うちの子はむいたことがないのでどうかなあと思っていたら、
周りを見てやっていました。

朝の会では自分の名前をこだまちゃんたち言えるようになっています。
今日は冒険のこだまちゃんもいました。


朝の挨拶のあと燻製の準備をしました。
火をマッチでつけました。
最近こだまちゃんたちも挑戦しています。

IMG_2185.JPG


チーズ、ウインナー、かまぼこ、燻製したいものをアルミカップに入れました。

燻製を待っている間に森へ行きました。

IMG_2186.JPG


森の傾斜を歩いてみました。
いつものアスファルトの坂道と違って枝があったり、
土がふかふかしていたりして歩きにくかったです。


そして、鹿の角探しをしました。
見つけたこだまちゃんは大事そうに抱えていました。

横たわっている木を見つけたこだまちゃん。
木に乗って嬉しそうです。

kr837hf.JPG


戻ると燻製ができていました。
お弁当をあたためてお昼ご飯にしました。
できたての燻製は美味しかったです。(燻製の写真)

IMG_2188.JPG


お昼ご飯の後しばらくお砂場で遊ぶこだまちゃん、
トランポリンするこだまちゃん、思い思いの遊びをしていました。

最後にわらべ歌をしました。
もぐらになりきっていました。

さよならあんころもちで解散しました。


IMG_2189.JPG

(M.Y)

今日は、ミカンキャンドル作りと記念の手型とりです。
昨日は雨でしたが、今日は良い天気で良かったです(*^_^*)

IMG_2091.JPGのサムネール画像


IMG_2092.JPGのサムネール画像


手型取りは、こだまちゃん達が好きな色の紙を選びました。その紙に手型をとりました。

ミカンキャンドル作りでは、ミカンの中身をくりぬき、皮を使ってキャンドルを作りました。
中身は、搾ってミカンジュースにして飲みました(^_^)
美味しそうに飲んでました。


IMG_2093.JPGのサムネール画像

お昼ご飯を食べた後に、森に行き、ミカンキャンドルに火をつけました。
たくさん並んだ、ミカンキャンドルとてもきれいでした✨

ちえ


今日は天気が微妙で、のらのやでの活動になりました。

豆まき&たき火です。

豆を入れる袋を新聞紙で作って、それに豆を入れて外に出発です。

近くの神社にお参りして、どこで豆まきするのかなぁと思っていると...

林の中から赤鬼が!!!

豆を投げる子、ちょっと怖がる子、泣いてしまう子、みんな可愛かったです。

IMG_1956.JPG


帰ってから外でたき火しながら、食べる豆をフライパンで煎りました。

手つきの器用なこだまちゃんたち。

IMG_1955.JPG


お昼のあとは泣いたり笑ったり一生懸命に遊んでいました。


わらべ歌は珍しく全員参加!

IMG_1957.JPG

楽しくて楽しくてずっとやっていたかったです。

さよならあんころ餅の後も、あや子さんに鬼になってとせがみ鬼ごっこ。

みんな必死で隠れては、「もういいかい」「もういいよ」のあと一斉にあや子さんのところへ走って行く謎の行動?

何回もやってもらったね。

IMG_1958.JPG

楽しい時間でした☆

エミ

さっそく来てくれたのは、二回目の参加のYちゃん、Yくんです。
IMG_9144.JPG

Yちゃんは、どの絵も一枚一枚とても丁寧に描いていました。
IMG_9146.JPG

指に絵の具をつけて、、、
IMG_9149.JPG

IMG_9153.JPG
発想がとても素敵ですね♪

IMG_9152.JPG
弟のYくんは両手に筆を持ってダイナミックに!!

2人とも、自分のアイデアで堂々と描けていることが印象的でした。
普段から、自分たちのことを認めてくれる人たちが周りにいるからこそだと思います。



妹ちゃんが生まれるためしばらくお休みしていたSくんが
お母さんと小さな妹ちゃんと一緒に、久しぶりに来てくれました(*^▽^*)
IMG_9156.JPG
数ヶ月ぶりの自由画です。
Sくんの描く様子や絵が以前ととても変わっていて驚きました!
いままでは単色のみで描くことが多く、また、"どんどん描く"タイプではありませんでした。
ところがこの日は、一枚の中でもいろいろな色を使い、線も太い!
さらにとても集中していました♪

弟や妹が生まれることで気持ちが変化し、絵が変化することはよくありますが、
Sくんのような変化の仕方もあるんですね\(^o^)/


自由画は子どもたちの気持ちの変化が目に見えてわかるので、
子育てのツールとしてとても便利です。
絵の変化だけでなく、いつもはよく描いていたのに描かなかったり、逆にとてもたくさん描いたり、、、
大人がちょっと立ち止まって、子どもの心を考えるきっかけになります。



IMG_9157.JPG

冬のEPOでも子どもたちはとっても元気♫
たくさん描いた後は、みんなで落ち葉やブランコで遊んだりしました(^^♪
IMG_9159.JPG


二キッズでは、筆を持って建てるようになった子から小学生まで、
幅広い年齢の子どもたちが参加してくれています。
体験参加もできるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

時間:9:30~11:30(10:30頃までに来ていただけると、ゆっくり描けると思います)
対象:1歳くらい~小学生、中学生も大歓迎
参加費:500円

体験参加:電話でご予約ください。090-1984-4299 小野田まで



Sちゃんは、お絵描きをとっても好きになってくれました。

IMG_1545.JPG

ママがお家に飾ってくれた事がとっても嬉しかったようです。
飾った絵について、色々お話してくれるそうです。

でも決して、大人から「これは何を描いたの?」とは聞かないのがニキッズ(自由画)のルールです。
ここでお子さんが描く『自由画』は、何かを描く事を目的としていません。

小さければ小さい程、無意識に筆を動かします。
動かした通り、力の入れ方次第で変わっていくストローク。

小さいお子さんは、絵を描くと言うより、「これは何だ?」という探求心、遊び、いたずらの痕跡と言えるのかもしれませんね。

少し大きくなると、イメージを表現するようになります。
顔だったり、動物だったり...。
つい「これは何を描いたの?」と聞いたくなってしまいますが、そうすると、「何かを描かなければならない」と言う事に繋がってしまいます。

心のモヤモヤを、ぐちゃぐちゃに出す事もOK!!
それが例え大きなお兄ちゃんお姉ちゃんでも。
そんな事も出来る場所でありたいと思っています。

お子さんが「○○描いたよ」と言って来てくれた時には、大いに聞いてあげて下さいネ。


iahua383.JPG

Sちゃんは、絵の具を垂らしてみたり、


i90quh.JPG

手にも塗ってぺったんしてみたり...色んな事をして楽しんでいました。


久しぶりに来てくれたKちゃん!

IMG_1552.JPG

幼稚園の頃から来てくれていたKちゃんは、ただ今小5のお姉さん✨
会うたびにお姉さんになっていきます。
絵を描く事が大好きなKちゃん。お家でも変わらずよく絵を描いているそうです。

下書きなしで、パパッと色を選んで描き始める姿には、あっけにとられていしまいますよ。

IMG_1554.JPG

どんな風に頭に浮かぶのでしょうね。

o4uiahut.JPG


大人の方が、すっかり自由に描く事が難しいと気付かされます。

opuuhuh4.JPG



HくんMちゃん姉弟♪

IMG_1548.JPG


Hくん、珍しく縦で描いていたんですね。
筆も上から下に動かしていますね。
縦は向上心の表れだと言います。
戦う時、人は自然と上から下に剣でも手でも振り下ろしますよね。
戦うような気持ちとは...負けていない。
今より向上しようといている証拠なんですね。


IMG_1555.JPG

Mちゃんは、この日、この絵を何回も書き直しました。
絵の具が垂れてしまうのがイヤで...!!

その根気は素晴らしい✨
納得できる絵になったかな?

ニキッズでは、絵の具で自由にお絵描きを楽しみます♪
自由に描くからこそ、筆だからこそ、心を表現しやすいと言います。
体験参加も大募集です!!

まだまだ寒い日も続きそうですが、EPOのヒィールドで、冬ならではの遊びも楽しめますよ(*^-^*)
寒い日は、焚火もして暖をとりたいと思っています。


時間:9:30~11:30 (10:30位までにお越しください)

対象:1才位~

参加費:¥500

体験参加:電話でご予約ください 090-1984-4299 小野田まで


新年明けましておめでとうおざいます。
今年もよろしくお願いします。



11月23日 『森の美術館』が開催されました。
たくさんのお客さんに来て頂きまして、ありがとうございました。

ニキッズに来て下さっているお子さんの絵を、一枚選ばせて頂いて、室内に展示しました。

IMG_1530.JPGのサムネール画像


kuq98.JPG

こうして額に入れて展示してみると、一人一人の絵が、とってもステキに見えます✨

世界に一枚しかないオリジナル。
自由の発想の中で、その子の中から生み出された、宝物✨
そんな風に感じます。

そんな宝物に囲まれて、『お子さんの絵を見て語ろう会』(座談会)が開催されました。

durwh4.JPG

我が子の絵を見て感じる事から、日頃子育てをしていていて感じている事などを
話して頂きました。
座談会に参加して下さった方々は、長い間ニキッズに通って来て下さっています。
自然と、お子さんの絵から、色々な事を感じてくれている事を知る事ができました。
来れない期間があっても、絵を描く事の必要性を感じて下さっている事も分かり、とても嬉しかったです。

こじんまりとした会でしたが、だからこそ、ゆっくりじっくりとお子さんの事、絵の事を話せて、
とてもいい時間となりました。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

描く事は、自分を表現する事です。
言葉では伝えられない事も、描く事で表現する事は出来ます。
お子さんは無意識でも、全て自分の力が必要な自由画は、その子そのものが表れます。

絵から、お子さんの心理を知る事が出来ると、これからの子育てに役立つと実感しています。

私自身も、我が子について、絵からだからこそ分かる事もたくさんあります。

是非、ニキッズに来て下さっている方々には、これからも続けてニキッズに来て頂きたいと
強く願っています!!


アートワークショップに参加して下さった方も多くいたかと思います。
大きな紙に、今回は、お友達の絵の上にも描いていいと言うワークショップ。
裸足になって、汚れても構わない様子で描かせて下さる様子を見て、
日頃、汚れて遊ぶ事を大事な遊びだと伝えていた事が、ちゃんと伝わっている事も実感できて
とても嬉しかったです。

qoi4jq;htqh.JPG

最後がどうなったのか、気になっていた方もいたかと思います...。


IMG_1443.JPGのサムネール画像

すごい!!

自分らしく この子らしく 生きる根っこを育む 
森のようちえん こだま


『あのころの 匂い』

森のようちえんこだまは、子どもの感覚体験を大切に活動しております。

ポニー引馬体験、泥んこ遊び、川遊び、畑仕事、焚火...。
その手触り肌触り・体感温度・聞こえる音・見える色・匂い...。
子どもはまるごと実体験しています。
そして、大人になっても無意識の中にそれを抱えて生きていきます。

子どもの頃の幸せだった体験は、決して失われることなく人生を支え続けるものです。
それを確信した出来事がありました。

私はひいおばあちゃん子でした。
母は教育熱心なタイプで、私は時々きゅうくつでしたので(笑) 
ひいおばあちゃんとコタツに入り、テレビのお相撲を見ている時間が幸せでした。
「歌って」と言えば歌ってくれ「お話して」と言えば話を聞かせてくれるひいおばあちゃんが大好きでした。

時は経ち、つい最近。
何気なく立ち寄った雑貨屋。
時間があったのでオーデトワレのテスターを使っていました。
そして、ある香りに鼻を近づけた瞬間 
「この香り知ってる!」 記憶がさかのぼりだしました。そして
「ひいおばあちゃんの羽織の匂いだ!!」
記憶がはっきりした瞬間、ひいおばあちゃんの部屋の床間や和ダンス、枕にかけていた手ぬぐいまで、
全部がパーッと、蘇ったのです。
ひいおばあちゃんとの幸せだった時間を一瞬にして思い出し、四半世紀ぶりに再開できた嬉しさに、
気づいたら涙が出てきました。

匂いってすごい。感覚って、やっぱりすごいんです!

私たちこだまスタッフは、子ども達に、言葉では言い表せない感覚を、
ゆっくりじっくり味わってもらいたい...と願っています。
そしてその感覚はだんだん無意識になっていくけれど、
この先の人生を必ず支え続けてくれると信じています。

(こだま通信 vol33 こだまスタッフあや子より)


io4ygqaf.JPG

水曜日、久々の雨天☂️の中、「のらのや」で盛りだくさんの活動でした♪
 

IMG_1697.JPG

まずは「タクアン作り」!
干した大根をコロコロ〜、米ぬかと一緒にモミモミ〜
1ヶ月程するとタクアンの完成だそう。楽しみです!


oui03.JPG


IMG_1699.JPG

次に、畑で採れた小松菜をこだまちゃんたちが千切って、
ほっこり美味しいお味噌汁作り。
冷えた身体に温かいお味噌汁、染み渡りました(^^)


IMG_1700.JPG

最後に、爆裂種というトウモロコシを使って、ポップコーン作り!
みるみるうちに爆ぜて、何倍にも膨れ上がるポップコーンに大興奮のみなさま。


今年の活動は、この日が最後でした。
また来年どんなワクワクに出会えるのか、今から楽しみにしています☆

渡辺み