この日は、冬芽探しの散歩と芋餅のクッキングをしました。


冬芽とは、越冬して春に伸びて葉や花になる芽のこと。

IMG_5744.JPG


お顔のような冬芽を虫眼鏡を持って散歩しながら探しました。


IMG_5745.JPG


知らなかった事を教えていただけるのもこだまの良い所。
今まで気づかずに見ていた景色が変わってそれを子どもと一緒に楽しめます♪


piouu4.JPG



散歩の途中で氷を発見。
EPOは冷えるようで、分厚い氷が張っていました。

子ども達はなんたなんだ?と集まって触っていました。
その様子がかわいくてたまりません。


IMG_5747.JPG


芋餅作りでは、お芋の皮を真剣に剝いたり丸めたり。


89y48ga.JPG


簡単に作れるので、「お家でのおやつにぴったり!」と
母達は盛り上がっていました。


焚き火で焼いていただくのがこだまならでは♪


poig3.JPG


外でみんなで食べるのは本当に美味しいです。



ご飯の後は思い思いに遊びを楽しんでいました。


IMG_5750.JPG


こだまでの時間もあと少し!
子ども同士、親同士のつながりも何だか心地よくて
あと少しと思うと更に愛おしくなります。
(N.S)
みかんをフォークで中身をくりぬいて、みんなでみかんのキャンドルを手作りしました。
上手にくりぬけるかな?ドキドキ!
中身ゎ、しぼってジュースにしました
ジュースにせずに食べてる子も(笑)

IMG_5674.JPGのサムネール画像


トランポリンをみんなでピョンピョン。楽しそう!

IMG_5675.JPG


お弁当を食べ終わったら、お砂場遊び。

IMG_5676.JPG


みんなが作ったみかんキャンドルを持って山の中へ。
並べて、火をつけてお歌を歌いました。
最後は、みんなで自分のキャンドルをフー!上手にフー出来ました。


IMG_5677.JPG


とても、きれいでした。
H.I

今年最初のニキッズに来てくれたのは、恐竜やポケモン大好きなSくん。年少さんです。

 IMG_3163.JPG

児童画の発達段階のなかでちょうど、『子どもの象徴主義の段階』(トムリンソン)や『再現への最初の試み』(ローウェンフェルド)が始まる年齢です。大人にとっては何を描いたのかわからない絵でも、またたとえ後付けでも「〇〇を描いた」と言う頃です。

 

Sくんも大好きなキャラクターを自分なりに再現して描いていました。描いている姿には迷いがなく、楽しげに、そしてキャラクターの目の部分であろうところは、神経を集中して小さな点を入れていました。

1枚目は真ん中に堂々と。

IMG_3172.JPG


最後に描いた絵は、既存のキャラクターの他に自分なりに考えたものをたくさん描いて、お母さんに一生懸命説明していました。

そしてお母さんも一緒におもしろがって聞いてあげていました。そうすると、子どもの空想する力や創造する力、自己肯定感も育っていきますね。

IMG_3175.JPG

 

Sくんの発明したキャラクター、絵も名前も、私も楽しませてもらいました(*^^*)

 

 


この日は、自由画&火打ち棒で火起こしに挑戦。

自由画では、皆好きなように、感じたままに、描きました。

IMG_5421.JPG

おっきな白い紙に好きなだけ描いた我が子を見るのは初めてで、
これはなにかなぁ?◯◯かなぁ〜と思わず声をかけてしまいましたが、
大人の感覚や概念を押しつけてはいけませんね、、反省。。(T_T)


IMG_5422.JPG


自由画は、子どもの心を表すもの。。。

IMG_5423.JPGのサムネール画像


力強く思いきりのある線、ながーい線、ひょろっとした線、
手足に絵具を塗ってみたり、身体を動かして描いたり、
見守っていると、1枚目、2枚目と絵もだんだん変化していて、
終わったあとはスッキリした様子。


IMG_5424.JPG


こうやって心を表現しているんだなぁと感じました。


IMG_5425.JPG

大きなキャンパス、カラフルな絵具、自由に描ける
こだまの環境にも感謝♪


IMG_5426.JPG



そして、お次は火打ち棒に挑戦。

「つ、つかない...どうやるといいんだろう」
「こっち側を使って軽く当てるといいよ!」
「悔しい〜手が痛い〜」と言いながらも諦めず色んな方法で試みるママたち。

それを見ている子どもも真剣。一生懸命真似ています。

IMG_5427.JPGのサムネール画像


火花が飛び散るたび歓声が!笑
コツを掴んだ何人かのママが何度なチャレンジ!!


IMG_5428.JPG


そして、、、
「つ、ついた〜〜〜!!!」思わずガッツポーズ。
あ〜楽しかった〜!!!

IMG_5429.JPGのサムネール画像


火のありがたみを痛感しました。


IMG_5430.JPG

そのあとあったかくて美味しいご飯を食べて、幸せな気持ちになりました。
(A.M)

冬休み明けて、1ヶ月振りのこだま。
やっぱりこだま時間はいいなぁって、
しみじみ感じた1日でした。

今日は七草粥をかまど炊き。
畑に秋に種を撒いたかぶの収穫に行きつつ、
七草のうちのごぎょう、はこべらも摘みました。

IMG_5481.JPG

砂場の大きいシャベルを使って掘りたいこだまちゃん、
畑の隣のどろんこに夢中になるこだまちゃん、
久しぶりのおうち遊びや木のぶらんこが楽しくて
なかなか帰ってこないこだまちゃん。


そのときの感覚に従って、おもいっきりやりたいことをやる!
そんなこだまちゃん達を大人みんなで見守りつつ、
声をかけつつ、自由に遊びながらもみんなで作業を進めていく、
この絶妙な空気感が心地よいのです。


お外cookingは本当に気持ちがいい!
家だとつい固そうな野菜は私が切ってしまったり、
「気をつけてね」と口が出てしまったり。
でも今日はこの気持ちよさに心がどっぷり浸かってしまい、
手も口も一切出す気がなくなりました。
そして静かに見守ることで気づくこどもの成長。
貴重な時間でした。

IMG_5482.JPG

EPOで採れない残りの七草は、スタッフの方の畑で育てたものや、
摘んできてくださったもの。
自然の力とスタッフさん達の温かさがいっぱい詰まった七草に、
こだまちゃん達の溢れんばかりのエネルギーがさらに加わって、
最強の七草粥が出来上がりました!!

IMG_5483.JPG


たっぷりおかわりも頂きまして、今年の無病息災は確実です。
ありがとうございます!


そしてこだまちゃん達の関わり合い方に、
またひとつ成長を感じる場面がたくさんみえた1日でもありました。
自然を感じながらおもいっきり遊ぶ中で培っていくお友達との絆。
そこに一緒に立ち会える幸せ。
感謝です。

IMG_5484.JPG


残りわずかのこだま時間。
大切に過ごそう、いっぱい味わおうって
改めて思いました。

(taniyu)

oia4.JPG
体験会を開催します♫

親子時間を大切に過ごしたい方。

子どもにたくさん自然体験させたいなぁ〜と思っている方。

親子で自然体験してみたい方。

自分が自然好きな方。

子どもが元気いっぱい、手におえないよ〜、という方。

子育て、自分だけでは抱えきれないって思っている方。
(抱えないで下さいね。子育てって一人でするものではないから。)

今しかない時間。子どもと思い出たくさん作りたい方。

もっともっと。理由はなんでも、

是非こだまを体験してみて下さい。

その場に身をおいてみると、体験してみると、我が子の意外な姿を

発見できるかもしれません(^ ^)



■日程: 3/24(火)・25(水)・4/2(木)・3(金)・8(水)
    
■時間: 10:00~12:30 

■参加費: 1,000円

■内容: EPOのポニー引き馬体験、森遊び、焚き火をします♫

■お問い合わせ・お申込み:森のようちえんこだまのHP
       お問い合わせフォームよりメールを下さい。
       ご希望の日にちをお知らせ下さい。
       ご連絡お待ちしております♫


IMG_E5382.JPG


この日は、EPOの森で野ネズミの巣を探しました。

IMG_5338.JPG

落ち葉の上をカサカサガサガサと良い音をさせながら
森の中を歩き回って野ネズミの巣を探します。


すぐに見つけられた子
なかなか見つからなかった子
「ここかな?」「こっちかな?」
「あったー!!!!!」「どこー?」
「なーい!」「ここだよー」
可愛いこだまちゃんたちの声を聞いて、
母はとても癒されました。

IMG_5339.JPG


この時期になると、子供も大人もEPOはホームになるし、
お互いの距離も縮まって話も弾みに弾みます。
世間話から悩み事まで話は尽きません。


IMG_5340.JPG

こだまちゃんたちも、ケンカもするけど仲直りもちゃんとできます。
自分の気持ちを伝えられて、それを受け入れてもらえた時の
「やったー!」という表情は、こちらまで嬉しくなります。


1月まだまだ寒いけど、子供たちの元気な声と大人たちのお喋りは、
私のエネルギーの源です!
@のん
今回は、久しぶりに来てくれたお友達や、初めてのお友達と、
たくさんの方々来てくれました。

こうして絵を描く姿を見ていると、子どもの持っている力や、
創造力の豊かさを実感します。


今回のニキッズで、心を打たれた一枚!

IMG_4874.JPG


IMG_4876.JPG


力強さ=嫌な気持ちを出していたり、何かと戦っている

でも、だからそこのエネルギーを感じ、生き生きした絵だと思います。


久保貞次郎美術教育論集より
『創造的である子供の絵の特徴』

①概念的でない
②確固として自信にあふれている
③生き生きと躍動的
④新鮮、自由
⑤迫力があるか、あるいは明るい幸福な感情がらあふれているもの

※久保貞次郎...1952年創造美育協会設立

祝日でしたが、初めての方も来てくれてにぎやかなニキッズとなりました。

 

Aくんのお母さんは12月下旬が御出産予定

そんな中でもニキッズに来てくださって、もうすぐお兄ちゃんになるAくんも幸せですね。お母さんにも感謝です。

 

Aくん、この日は11枚にとても集中して2枚描きました。

 

1枚目は、赤と黄色で描いた上から白を重ねました。

IMG_2805.JPG

落ち葉も絵にくっつけてしまうのは、お外でのびのびとお絵描きができるニキッズの子どもたちならでは誰が教えるでもなく、このようにやってみる子がけっこういます

子どもの発想って素敵だなぁと思います。

 

2枚目は、最初はグルグルと何か線を描いていましたが、

IMG_2806.JPG

次に点々を打ち、

二刀流になり、、、

IMG_2808.JPG

IMG_2813.JPG

最後はさらに上から重ねていました。

IMG_2816.JPG

描いていくうちにどんどん力強く、気持ちが表に出ていったように思います。

二刀流で描くのも、自分の中の描きたい、出したい気持ちが、

片手だけでは足りないのかもしれませんね(*^▽^*)

この絵を描いてやりきったようで、清々しい顔で終わっていました。

 

 

お母さんのお腹が大きくなり、もうすぐ赤ちゃんが生まれることへの不安やどうなるんだろうというような気持ち、楽しみな気持ち、、、

いろんな気持ちがいまAくんの中にあることと思います。

赤ちゃんが生まれてきて、絵がどう変化していくのか楽しみです。

 

久しぶりに来てくれたDくん。
体調を崩していたため、最近引きこもりがちだったとのこと。

IMG_4560.JPG


水たまりがあれば入りたいタイプのDくん。
色々な色を重ね、楽しんでいました。


wohg42.JPGのサムネール画像


Dくんが描いているのを見ていると、泥んこをさせてあげたい
気持ちになりました。


IMG_4564.JPG


手にも塗り...


IMG_4568.JPG


バケツで洗いに行き、筆も洗い、
バケツの水の色が変わるのを楽しんでいました。


IMG_4567.JPG


洗った筆で描いてみると、色がつかないのが分かった様子でした。


po4oah.JPG


こうして、ただのイタズラ...と思われがちな事ですが、
「どうなるのかな?」と疑問に持ち、実験する力は、
子どもの生まれ持った素晴らしい力なのです✨

たくさん頭を使って、学んでいるんですね!

お客さんが少ない火曜日。
のんびり、借り切り状態で楽しめるので、オススメですよ♪